世界のびっくりニュース

ヒゲを濡らさないのは紳士のたしなみ、19世紀末に流行した「口ひげガードつき紅茶カップ」


真のイギリス紳士を決めるオリンピックには「ヒゲを濡らさないよう紅茶を飲む」競技はまだありませんが、当時の紳士のために「口ひげガード」のついた紅茶カップが大流行していたそうです。


口ひげの人用紅茶カップはイギリスの陶器職人、ハリー・アダムスが1860年代に発明したもの。

18年代後半のヴィクトリア時代には口ひげが大流行したそうです。色々な形に口ひげを整えるひとがいたそうですが、中にはワックスで整えひねり上げるものがありました。

しかしこのタイプの口ひげは、イギリス伝統の紅茶の時間にはとても相性がわるいもの。湯気でワックスがふやけてしまう上に、お茶に口ひげがつかってしまうという問題があったのです。

そして紅茶をやめるか口ひげをやめるか、を考慮した結果マグカップのほうを改造したというわけですね。

そのまんま「Moustache Cup」と呼ばれている紅茶カップは、このようにヒゲ置きのついたティーカップ。アメリカにも輸出されましたが、当時は「茶器はイギリス製」ということで陶製のものについてはイギリス製のものがウケたようです。

こちらはアメリカ製の銀メッキのカップ。

口ひげの流行が去ると共にこの類のカップも消えていったそうです。ファッションが食文化にも影響を与えているというのは面白いものですね。

ソース:Moustache cup – Wikipedia, the free encyclopedia

関連記事

驚異の口ひげ芸を持つおじさんの動画 - DNA

イギリスのダンディ野郎のための運動会「Chaps Olympiad」開催 - DNA

どう見てもラーメンにしか見えない「紅茶ゼリーのサツマイモクリーム乗せ」の作り方 - DNA

紅茶に沈めて使うタイタニック型ティー・インフューザー「Teatanic」 - DNA

イギリス紳士のユーモアと反骨精神にあふれた「ゴルフのプレー中に爆撃が始まった際の暫定ルール」 - DNA

「ダウニング街のネコ」復活、イギリス首相官邸ネズミ捕獲長が就任 - DNA

イギリスの老舗服飾工場の何気ない一日を追いかけたドキュメンタリ映像 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧