アートとデザイン

「世界で一番美しい筐体のデスクトップPC」MacProはこうして作られている


「デスクトップPCは直方体」というイメージに対し、ポリッシュされたアルミの円柱という異形を持ってきたApple社のMacProシリーズ。あの美しい筐体が工場で作られる一部始終の動画です。


原料となるアルミのブロック

これを型に入れ、プレスにかけるとにゅるりと円筒に成形されます。

炊飯器のイメージ。

これを旋盤にかけて、外径を削って整えます。

かなりピカピカになってきましたが、ここからが本番。

外側をさらにポリッシュします。ロボットアームが、筐体にパフ掛けする時の動きが本当に柔らかくて不気味です。

ぬめっと輝きます。

この後必要な穴を切削。

表面処理にかけられます。

中の構造物であるサーマルコアの加工

MacProは中国製部品をアメリカで組み立てています。

基盤組み立て。

顕微鏡でハンダのチェックが行われます。

あとは流れ作業。

ひとつひとつのパーツがフィッティングされていきます。

チェックを経てようやく完成。

かっこいいですね!

動画はこちらから。
▶ Apple – Making the all-new Mac Pro – YouTube

電源プラグの向きからすると正面から見た場合はリンゴマークが見えないデザインはかなり思い切ったもの。円筒の中心に発熱する部品を集中させ、煙突のように空気を流して冷却効率を上げるという合理的な設計なのですが……上にモノが置ける方がいい、と考えるのは美意識の欠如でしょうか?

ソース:A look at how Mac Pros are made | TUAW – The Unofficial Apple Weblog

関連記事

神秘の調和、アップル社のプロダクトデザインに隠された「黄金比」 - DNA

アップル製品と約50年前のブラウン社の家電製品がどれくらい似ているか比べてみた - DNA

「Apple I」から「iPhone 4」までApple製品の進化の歴史をまとめた画像45枚 - DNA

ジョナサン・アイブがデザインした世界でたった一つのライカ製カメラ「The Leica M for (RED)」 - DNA

かつてApple社が製作していた超レアなノベルティグッズ43点 - DNA

サムスンがどれくらいアップルからパクっているのかがよく分かる画像いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧