科学と技術

毎分4500回転どうしの歯車をピタッとかみ合わせる恐るべき日本のモーター制御技術が分かる動画


毎分4500回転する歯車どうしを近づけて、歯を当てずにかみ合わせるのは人間には不可能な技。でも三菱電機のモーター制御技術ならかすりもせずにピタッと合わせてきます。


こちらは先日、CEATEC2013で公開されていたデモ。ミクロン単位で回転を制御しているため、ごらんの通り動く・止めるは自由自在。加工する製品がどんどん小さくなっているため切削したりハンダ付けしたりする産業用ロボットなどには必須の技術となっています。
三菱電機の最先端サーボシステムによる高精度コントロールデモ – YouTube

3軸の制御を1つのアンプで行っているため、軸を1つ止めるときに回生ブレーキでエネルギーを吸収し、他の2軸にまわせるというのが目玉のデモです。1つ1つの節電効果はわずかでも、工場には何千個ものモーターがあるため結構バカにならない節約になります。

関連記事

[字幕動画]自動車の重要部品「デファレンシャルギア(デフギア)」の仕組みと構造を解説をしてくれる動画「Around the Corner」 - DNA

[字幕動画]自動車のマニュアルトランスミッションを基礎から分かりやすく解説してくれる動画 - DNA

最も人間の足の筋肉の構造に近い2本足ロボットが登場 - DNA

反動制御システム入り新型短機関銃「KRISS Vector」の不思議な動きをとらえたスローモーション動画 - DNA

古いスキャナやハードディスクでアニマルズの「朝日のあたる家」を演奏する動画 - DNA

人間には不可能な精度と速度で刃物を扱う産業用ロボットのパフォーマンス・デモ動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧