世界のびっくりニュース

中世の鎧を着て全力でドツキ合うポーランドの剣術大会が楽しそう過ぎる


相手とのぶつかり合いがあるコンタクトスポーツの中でも、たぶん一番激しいのがこの大会。西洋の騎士達の鎧を来て、剣と己の肉体のすべてをぶつけ合います。


こちらは騎士の戦いをスポーツとして楽しむため、2011年に発足したポーランド騎士戦闘リーグ(PLWR)の動画。

金属剣を金属鎧で受け止めます。ガチです。火花まで出ます。

一応武器の種別でレギュレーションはあるようですが……

ボディコンタクトあり。

鍔ぜりや蹴りで相手の体制を崩してから殴る、などもOKです。

抱え込んで顔面をグーで殴る競技者

1vs1だけでなく団体戦も。

金属の塊が飛んでくるという大変カオスな戦いが繰り広げられます。

基本的には相手をおびき寄せる囮に気をとられたやつに後ろから切りかかるのが定石に見えますが、大乱闘です。

動画はこちらから。
PLWR Promo – YouTube

馬上試合大会を再現する「Jausting」などは近年世界各地で楽しまれており、日本にも同じように競技を行っている団体がいます。また、少し毛色は違いますが戦国時代の武将の甲冑を着込んだ和風の大会なども行われているようです。

あのフルプレートを着て走るのはかなり大変だということですが、ちょっと目先を変えるにはとてもいいものですね。

関連記事

中世武術大会で勝利したプレートアーマーの女性剣士がやたらかっこいいと話題に - DNA

究極の「ごっこ遊び」、コスプレ+アクション+テーブルトークRPGな「LARPing」がヨーロッパで流行中 - DNA

[字幕動画]みんなでやってみよう!「スター・ウォーズ」のチャンバラシーン - DNA

夜遊びが過ぎた娘に対し、2時間もチャンバラを強制した父親が逮捕 - DNA

中世から近世にかけてドイツで実際に使用されていた美しい「甲冑の兜」コレクション - DNA

西洋の全身鎧はあまり役に立たなかった可能性が初めて実験で証明される - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧