世界のびっくりニュース

「パシフィック・リム」の「あのプロローグ」がどう作られたのかが分かるメイキング動画


ただひたすらに巨大ロボットと巨大怪獣が殴りあう2013年の名作映画「パシフィック・リム」では、冒頭シークエンスにおいて非常に密度の高い映像を使ってコンパクトに世界観を解説していました。グイグイ引き込まれた、という人が多かったあのシーンを、いかにCGで作り出したのか、担当したスタジオMiradaが動画でメイキングを見せています。プロローグなので本編には登場しないイェーガー達もたくさん登場です。


再生はこちらから。
Pacific Rim ‘Before & Afters’ – YouTube

3DCGの密度が高いのはもちろんですが、実写素材をこまかく切り貼りしてボリュームを上げているところも面白いですね。さりげない部分に背景世界の情報を詰め込む手腕はさすがです。

関連記事

昭和感満点でものすごく見たくなるファンメイドトレーラー「パシフィック・リム 東宝ゴジラ的予告編」 - DNA

ギレルモ・デル・トロ監督が決して手離さない「あのノート」の驚くべき中身の画像いろいろ - DNA

少女と心を通わせる人型戦闘ロボットのコスプレがなんだか感動的な動画 - DNA

終わりなき死闘を繰り広げる格闘ロボと猫のかわいい動画 - DNA

どうみても殺戮ロボットのプロトタイプ、ボストン・ダイナミクス社製「PETMAN」の動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧