ネット・PC

TRPGのダンジョンマップを自動生成してくれるWebサービス「Dave’s Mapper」


テーブルトークRPGはあらすじの決まっていない演劇のようなものなので、事前にしっかり準備しておかないとセッションが迷走してしまいがち。ダンジョンや洞窟のマップを自動生成してくれる「Dave’s Mapper」を使えば、ちょっとだけ手抜きをすることができます。


PCはもちろんタブレット端末のマルチタッチにも対応しています。
Dave’s Mapper | RPG Map Generator

Dace’s Mapperは色々な人が描いたタイルパーツをランダムに組み合わせてマップを作り出すサービス。左カラムは作家一覧になっていて、どの人のタイルを使うのか自分で選ぶことができます。

MAP TYPEは地下迷宮、洞窟、2つのミックス、街、横から見た洞窟、宇宙船の内部が選べるので、いろいろなゲームに対応。

タイルの並べ方やサイズの決定パネル。

タイル一枚一枚を回転させたりするエディットパネル。

5フィート・10フィートのマス目やヘックスなどのラインも描きこめます。出来上がったマップはPNG形式で保存可能です。

人間同士のやりとりが魅力であるTRPGでは、なるべくそれ以外の労力は減らしておきたいもの。色々な作業がこうして自動化できたり省力化できるともっと裾野が広がるのではないでしょうか。

関連記事

元祖TRPG「ダンジョンズ&ドラゴンズ」関連の出版物が電子書籍となって復刻 - DNA

クラウド出資サイト「Kickstarter」でもっともウケるジャンルは何か - DNA

無料でネット版「ニンジャスレイヤー」をイヤというほど楽しめるAndroidアプリ「Njslyr Reader」 - DNA

究極の「ごっこ遊び」、コスプレ+アクション+テーブルトークRPGな「LARPing」がヨーロッパで流行中 - DNA

作者トールキン自身の手になる「ホビットの冒険」の未公開イラストレーションが発見される - DNA

宇宙的恐怖、ラヴクラフト自身による「狂気の山脈にて」のアイディアスケッチ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧