アートとデザイン

スター・ウォーズの「帝国のマーチ」をベートーヴェン風にアレンジして即興演奏するすごい音大教授の動画


世界でも珍しい古典楽曲の即興演奏者、リチャード・グレイソンさんがスター・ウォーズの「帝国のマーチ」をもしベートーヴェンが作曲したら……という風にアレンジして演奏している動画です。ベートーヴェン自身がよく使っていたフレーズと原曲がうまくミックスされた、実に不思議な1曲になっています。


動画はこちらから。
Darth Vader’s theme from “Star Wars” in the style of Beethoven – YouTube

ピアノソナタ「テンペスト」の3楽章など、色々なベートーヴェンの曲の断片やよく使われる和音などを組み合わせると、元のメロディがなんであってもベートーベンに聞こえてくるのです。
(HD) Ludwig van Beethoven “Tempest” Sonata. III Allegretto – Daniel Barenboim (3/3) – YouTube

こちらは、パガニーニのカプリースをドビュッシー風に弾いたもの。はっきりとドビュッシーのフレーズが現れています。
Paganini’s Caprice no. 24 in the style of Debussy – YouTube

こうしたパロディ遊びは色々な作曲家のクセを知っていないとできない、かなり高度なワザとなっています。

こちらもそうしたパロディの一つ。ショパンのソナタ第3番から終楽章をベースに、スポ根の世界が展開していきます。
ショパン×巨人の星 ‐ ニコニコ動画(原宿)

関連記事

天才・モーツァルトが10歳で作曲した未発表ピアノ曲の初演動画 - DNA

難曲「ヴォロドス版トルコ行進曲」をさらに超絶難度にしたパイプオルガン版トルコ行進曲の動画 - DNA

超高級ピアノの「スタインウェイ」が投資ファンドに身売り - DNA

ビリー・ジョエルと「New York State Of Mind」を競演するのに必要な4つのこと - DNA

次世代宴会芸:「スーパーマリオのテーマ」をピアノで弾くための楽譜とコツ - DNA

6歳の少年が熱演するビリー・ジョエルの「ピアノ・マン」の弾き語り動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧