科学と技術

「Raspberry Pi」で実働する1/3に縮小された初代マッキントッシュ「Mini Mac」


1984年にリリースされたApple社の初代マッキントッシュのフォルムをそのまま1/3に縮小し、中に小型コンピュータ「Raspberry Pi」を入れて動かしてしまったその名も「Mini Mac」がこちら。エミュレータでMacOSが走っています。一体型のコンピュータってなかなかいいものです。


手のひらサイズにおさまったマッキントシュ。以前Apple社の製品は初代から最近のものまでデザインに気を使われたものがたくさんあることをご紹介しましたが、このマッキントッシュは実に象徴的です。

実機と比べるとこんなにもコンパクトです。

USB×2、HDMIポート、イーサネットポートを装備。

一番左が「Raspberry Pi」ポート。その他USBハブやスピーカーなど色々と詰め込まれています。

ディスプレイは下部のツメとベルクロで保持。

Raspberry Piで動く仮想マッキントシュ「vMac」トースターのスクリーンセーバーなど懐かしのアプリケーションがいろいろ動かせます。
▶ Mini Mac – YouTube

ソース:Honey I Shrunk the Computer – RetroMacCast

初代Macintoshのデザインでスタイリッシュに仕上げたクーラーボックス「MaCool」 - DNA

関連記事

「Apple I」から「iPhone 4」までApple製品の進化の歴史をまとめた画像45枚 - DNA

アップル製品と約50年前のブラウン社の家電製品がどれくらい似ているか比べてみた - DNA

神秘の調和、アップル社のプロダクトデザインに隠された「黄金比」 - DNA

お値段たったの2000円、USBメモリサイズのパソコン「Raspberry Pi」が登場間近 - DNA

初代Macintoshのデザインでスタイリッシュに仕上げたクーラーボックス「MaCool」 - DNA

「Apple以外」からリリースされた世界初の携帯用マッキントッシュ「Walkmac」の画像 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧