世界のびっくりニュース

懐かしの国鉄時代、60~70年代の東京の満員電車の写真いろいろ


世界最高の運行精度が日本の鉄道のいいところですが、悪いところとして有名なのは朝夕の通勤ラッシュ。今ももちろん大変ですが、高度経済成長期の混雑っぷりもなかなかのものがあったようです。

1. 72年の「スト権スト」で止まった電車から降ろされる女性。

2. 1970年の山手線。朝8時半。

3. いつの時代も変わらぬ光景です。

4.

5.

6.

7.

8. この頃の国鉄は労働問題に揺れていました。車体にちょっとだけ見える「佐藤内閣」うんぬんのステッカーが時代を感じさせますね。

9. 翻って現代、ラッシュ自体はそんなに変化はありません。

10. もうちょっとなんとかなればいいのですが……。

ソース:Insane Photos Of Tokyo Commuters In The ’60s And ’70s

関連記事

不快指数100%超、世界一混雑した東京の地下鉄の通勤ラッシュ写真集「Tokyo Compression」 - DNA

鬼気迫る北京の地下鉄の通勤ラッシュの動画と画像 - DNA

世界一の人口密度、バングラデシュに集まるムスリムの人多すぎな礼拝の風景 - DNA

混雑し過ぎて殴り合いまで起こっちゃうインドの鉄道 - DNA

ウルトラ通勤ラッシュの列車の中でも自分用の手すりを確保する方法 - DNA

建物で発生する「人の渋滞」を解析して設計に役立てる群衆シミュレータ「MassMotion」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧