アートとデザイン

80年代のすごくデジタルでかっこいい自動車のコックピットの写真いろいろ


見やすいかどうか、実用的かどうかはともかく、80年代の自動車のデジタル計器のかっこよさはまた格別なものがありました。昔乗ったことがある人は懐かしく、そして知らない人にはとっても新鮮なデザインのコックピットの写真いろいろです。

1. ランチア・オルカ(デルタ・インテグラーレを元にしたカスタム車で1982年にチューリン・モーターショーに展示された)

2. 左:ランチア・メガガンマ 右:ランチア・メデューサ。ウィンカーやワイパーはレバーではなくハンドルのボタンを押していたようです。今のF1カーのハンドルのようです。

3. こちらは架空の車、ナイト2000

4. おなじくナイト2000。大ヒットドラマ「ナイトライダー」に出演した名優です。

5. 左:ポンティアック・トランザムGTA 右:シボレー・コルベット

6. キャディラック・アランテ

7. シトロエン・BX

8. スバル・XT

9. 左:ニッサン・フェアレディZ 右:フォルクスワーゲン・ゴルフ2の「VW Digifiz」インターフェイス

10. オペル・モンツァ

11. 左:トヨタ・セリカ 右:トヨタ・カローラレビン

12. ビュイック・リアッタ。タッチスクリーン式のインターフェイスになっていました。

13. シトロエン・GSA

14. 左:シトロエン・カリン(コンセプトカー) 右:シトロエン・ゼニア(コンセプトカー)

15. ポンティアック・6000 STE

16. しかしこの計器の細かさはちょっとつかいにくいのではなかったのでしょうか……

17. 「マイクロプロセッサー・コンピューター・コントロール」がクール。

18. アルファロメオ・90

19. アストンマーチン・ラゴンダ

20. ものすごく巨大な車ですね……

21. なんというか、グリルに意味があるのか考えたくなるデザイン。

22. ベクター

23. トランザムについては内装をキット2000に似せるカスタムキットがたくさん存在していたようです。これらはそのカスタムを使った例。

24.

25.

26.

27. 映画「グリーン・ホーネット」をテーマにしたプリムス・アクレイムのカスタム。

ソース:Dark Roasted Blend: Flash Dance: Digital Dashboards of the 1980s

関連記事

古今のSF作品に出てくるかっこいいユーザーインターフェイスの画像いろいろ - DNA

ホンモノのジェット機のコックピットで遊べるフライトシミュレータを自作した男 - DNA

「なぜ私はあんなダサいフォントを作ったのか」- Comic Sansの制作者自らが語る - DNA

1984年から2012年まで「カメラグランプリ」を受賞した29台のカメラ一覧 - DNA

マウスカーソルの軌跡を記録してアートにしてくれるおもしろソフトウェア「IOGraphica」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧