ゲーム

「Call of Duty: Ghosts」は一人でもマルチゲームで遊べる「Squads」モードを搭載


人間相手にしのぎを削るマルチプレイヤーゲームに疲れてしまった時、AIと対戦するモードがあれば同じゲームでも長く楽しむことができます。「Call of Duty: Ghosts」ではシリーズを通して初めてAIと共にマルチプレイヤーの各ルールで遊べるモードが搭載されます。


▶ Call of Duty: Ghosts – Squads Reveal – YouTube

もっとも大きな変更となるのは、AIがコントロールするbot兵を交えてマルチプレイヤーゲームができるという点になります。モードは以下の通り。

■Squad vs Squad
人間1人+AI(最大5人)のチームどうしが戦うモード

■Squad Assault
自分+AI合わせて5人のチームが他のプレイヤーの組んだAIチームと戦うモード
相手がオフラインの時でも相手チームと対戦することができる。

■Wargame
AI兵士5人を選び、botチームとマルチプレイヤーゲームの各ルールで争うモード。

■Safeguard
人間・AI混成の4人チームによるサバイバルモード

マルチプレイヤーゲームは人間が相手なだけに難易度がぐっと上がります。するとシングルモードをクリアしてしまったらもうそのゲームでは遊ばない、となりゲームの寿命も短くなります。

AI相手なら適度に難易度が調整できて、それほど上手でなくとも気長に遊ぶことができ、自分のペースで楽しむことができます。ライバルの「Battlefield」シリーズで、ひたすらコンピューターと戦い続けたことがある人には嬉しいニュースですね。

その他にもマルチプレイヤーゲームについては「外見の柔軟なカスタマイズ」「マップの変化」「マップ上のオブジェクトを用いた攻撃」など、いろいろな変更が見られます。それらを紹介する動画はこちらから。
Official Call of Duty: Ghosts Multiplayer Reveal Trailer – YouTube

関連記事

まったく新しくなった「Call Of Duty: Ghosts」のストーリーや新技術などのまとめ - DNA

賢い犬が大活躍、今度の「Call of Duty: Ghosts」のゲームプレイトレーラーがすごい - DNA

「Call of Duty: Ghosts」のマルチプレイに「タブレット端末」を使ったゲームモードが導入 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧