科学と技術

口径なんと20mm超、世界最大のライフルを撃つとこうなるという動画


人間が人力だけで運搬して撃つ銃はいったいどれくらいまでに大きくできるのでしょうか。以前紹介した「世界最大のリボルバー」のようなキワモノをのぞけば、ライフルの場合は対戦車ライフルなど20mmくらいになりますが、まさにこの限界、.905口径(約22.9mm)という大きさの弾を撃つとこんなことが起こってしまいます。


こちらが.905口径(約22.9mm)のライフル弾。もちろん普通には売っていないので、1発40ドルの特注品です。

こちらのような普通のライフル弾だと片手に何発も乗せられることを考えるとすさまじいサイズですね。
LIBYA/TRIPOLI | Flickr – Photo Sharing!

動画はこちらから。据え置いて撃っているのにほぼ全員手が滑ってしまうくらいに反動がすごいところに注目です。
MY NEXT BEAR RIFLE – YouTube

立って撃つと多分こうなります。ちょっと小さめの.700口径(約17.8mm)ライフルですが、ほぼ吹っ飛びます。
.700 Nitro Xpress T-Rex Elephant Rifle Anti Tank/T-Rex Hunting Rifle – YouTube

これだけの威力を考えると、ライフルを買う前にまず体力と技術を身につけないとライフルの実力を発揮できないような気がします。

関連記事

スゴ腕、50口径の巨大なライフルで立ったまま約900m先のターゲットをブチ抜く動画 - DNA

50口径のライフルをぶっ放す時は決して横に立ってはいけない - DNA

ライフル教練をやり過ぎると女体化しておっぱいが膨らんでくることが判明 - DNA

イスラエル企業、水平二連銃身のアサルトライフル「Gilboa Snake」を開発 - DNA

自動照準ライフル「TrackingPoint」で走ったり飛んだりしているあらゆるターゲットを射撃しまくっているプロモ動画 - DNA

ほぼ無限ドミノにしか見えない兵隊さんたちのライフルドリル(教練)動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧