科学と技術

AK-47を水中で発射した瞬間を秒間約2万7千フレームで撮影した動画


ライフル銃を撃った瞬間には火薬が爆発し、そして反動と衝撃波がやってきて……と色々なことが起こるわけですが、これを秒間2万7千450フレーム、およそ1万倍のハイスピードで撮影した動画です。ガスがどのように発生してどのような挙動を見せるのかがよく分かります。


さて「防水の超ハイスピードカメラ」というのはまだ開発されていませんので、こんなペリスコープを使って撮影されました。

これを使うと水中の様子を普通のカメラで撮影できるようになります。

銃口から泡立った一瞬のあと、銃身の上のポートからガスを噴き、そして薬莢とともにガスがでます。

ガスは銃口から噴くだけではないので、うっかり変なところを握って銃を撃つと指が千切れてしまう、というのがよく分かる動画ですね。
AK-47 Underwater at 27,450 frames per second (Part 2) – Smarter Every Day 95 – Smarter Every Day 97 – YouTube

関連記事

AC/DCの「Thunderstruck」をBGMに色々な銃をスローモーションでぶっ放す動画 - DNA

大道芸の「火吹き」を2000FPSで撮影したスローモーション動画「Fire Time」 - DNA

いろいろなものを破壊するシーンをスローモーションでとらえた動画 - DNA

サバイバルゲームをスローで撮影した大迫力のムービー「Spitfire」 - DNA

少林寺の修行僧たちの動きをスローモーションで捉えた映像 - DNA

[閲覧注意]カメレオンのものすごい舌が獲物をとらえまくるスローモーション動画 - DNA

マジかっこいい「スローモーション+横一列」で歩くシーンのマッシュアップ動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧