エンタメ

昭和感満点でものすごく見たくなるファンメイドトレーラー「パシフィック・リム 東宝ゴジラ的予告編」


太平洋から突如現れた謎の巨大生命体によって絶滅の危機に瀕する人類が、最終決戦兵器として巨大ロボを作り上げこれに挑む……という盛り上がらざるを得ないあらすじながらも興行収入が伸びない……といわれる映画「パシフィック・リム」。予告編がパっとしないからでは?ということで、ノスタルジー補正500%増しになる昭和風ファンメイド・トレーラーです。


動画はこちらから。
Pacific Rim (Fan-Made Trailer) in TOHO Godzilla style 「パシフィック・リム 東宝ゴジラ的予告編」 – YouTube

元々「パシフィック・リム」は「ゴジラ」など日本の特撮怪獣映画をモチーフとして作られているため、冒頭の旧東宝ロゴにはじまり、あのフォント、あの効果音、そしてあのBGMはまさにぴったり。こんな予告編なら必ず見に行きたくなってしまいますね。

昭和作品のファンメイド・トレーラーといえばこちらもかなりの出来栄え。2010年のリメイク劇場版にTVドラマ当時の声優のナレーションをかぶせた「特攻野郎Aチーム」のファンメイド・トレーラーです。かなり胸が熱くなるデキです。
2010年映画版「特攻野郎Aチーム」日本語吹き替えオープニング – YouTube

場面場面を切り取って期待させ、さらに製作者の愛が感じられるのがよい予告編。このファンメイド・トレーラーが「刺さる層」はこの映画を大ヒット作品にするほどには多くはないでしょうが、マーケッティングを超えて大事なものが伝わってくるようです。

関連記事

「モダン・ウォーフェア」のハイクォリティ過ぎる実写ファンムービー「Find Makarov」予告編 - DNA

「Modern Warfare 2」の「あの謎」が明らかにされるファンムービー「Operation Kingfis」 - DNA

大人気ゾンビゲーム「Left 4 Dead」の衝撃のラストを迎えるファンムービー - DNA

「シャドウ・リンク」との戦いを描く、やたら迫力のある「ゼルダの伝説」のファンムービー「Link’s Shadow」 - DNA

本物よりも魅力的?熱狂的なファンによる「非公式」映画ポスターいろいろ - DNA

クォリティが最低すぎて笑えてしまう同人3D版「ライオン・キング」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧