科学と技術

「車だけがボロくていいの?」未来の社会を考えさせるトヨタ・オーリスのCM動画


一人一人が携帯通信端末を持ち、そろそろ立体視ディスプレイも実用的になりつつあるという現代未来社会において、もし自動車だけが20世紀初頭のボロいものだったらどうなるか……というちょっと過激なトヨタのCM動画です。いったいどのようなメッセージがこめられているのでしょうか。


朝、アラームとともにベッドがせりあがって起こしてくれる未来社会

ただの体重計なのにインターフェイスが豪華です。

服のコーディネートもコンピューターがサポート。

掃除はもちろんルンバです。

でも、もし自動車が……

20世紀初頭ごろの原始的なものだったら……?

ものすごく違和感がありますよね。

未来の道路を走るオールド自動車達。

「自動車の技術が進化しなければ、本当に世界は進歩したとは言えないのでは?」とシメます。ハイブリッドになって環境に優しい、トヨタ・オーリスのコマーシャルです。

動画はこちらから。
The all-new Toyota Auris Hybrid – a better way – YouTube

環境に対して優しいこと、交通システム全体の効率が上がり事故や渋滞に対して強くなることはもちろん重要です。でもクラシックカーやバイクといった文化遺産はどうなってしまうのかな……とちょっとさみしくなってしまう動画でもありました。

関連記事

砂漠の未来都市、ドバイで今ものすごく足りないもの - DNA

SF映画の「未来っぽいシーン」をとにかく詰め込んだコンピレーション動画「The Future」 - DNA

ものすごい正確さで未来を描いた1993年のTVコマーシャル「You Will」に登場した20個の技術 - DNA

今日がマーティー・マクフライが未来へタイムトラベルした日か判定するだけのサイト「istodaythedaymartymcflyarriveswhenhetravelstothefuture.com」 - DNA

懐かしいのにものすごく未来なスチームパンクの世界感を油絵で描いた作品36点 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧