アートとデザイン

かつて地球に存在した唯一の超大陸「パンゲア大陸」に現在の国を当てはめた地図


現在地球上には、大別して6つの大陸(ユーラシア、アフリカ、北アメリカ、南アメリカ、オーストラリア、南極)が存在していますが、これは1つの超大陸・パンゲアから地殻変動によって分かれ出たと考えられています。それでは約2億5000万年前のパンゲアに現在の国をあてはめるとどうなるのでしょうか?


パンゲア大陸の存在はドイツの気象学者アルフレート・ヴェーゲナーが1912年に提唱した「大陸移動説」にて予測したのが始まり。もちろん当時は荒唐無稽だとしてその主張は全く認められていませんでした。時は流れ、1950年以降に地殻変動を説明するプレートテクトニクス理論が新たに提唱されたことにより再評価されています。

1. パンゲア大陸の全体地図

2. 日本はこんな感じ。現在のロシアと北朝鮮とくっついていたようです。

3. 今ではちょっと考えられませんが、南極、インド、チベット、オーストラリはお隣同士。

4. ロシア、アメリカ、カナダの間には大きな湖が存在した模様

5. 北アメリカ、南アメリカ、アフリカ大陸はジグソーパズルのようにピッタリ。ウェーゲナーがアフリカ大陸の西海岸と南アメリカ大陸の東海岸を世界地図で見て思いついたというのも頷けます。

高解像度(1600x1587)の地図はこちらのリンクから見ることができます。

ソース:MI LABORATORIO DE IDEAS: PANGEA POLITICA

関連記事

Wikipediaの「○○国の歴史」に一番よく出てくる単語で描かれた世界地図「Laconic History of The World」 - DNA

風刺・皮肉の効きまくった20世紀初頭ごろのヨーロッパ地図いろいろ - DNA

世界各国どんな国でも何かしらの世界一ということがよくわかる世界地図「International Number Ones」 - DNA

南北アメリカ大陸をバイクで一人旅、その過酷な行程の一部始終を記録した動画「The Modern Motorcycle Diaries」 - DNA

エベレストやキリマンジャロなど、4大陸の最高峰からの景色がGoogleストリートビューで公開 - DNA

遠くからでも見てみたい、エベレスト(アジア)からヴィンソン・マシフ(南極)まで世界7大陸最高峰の山 - DNA

1961年にフォルクスワーゲン・コンビで3つの大陸を旅した写真集「The Kombi Trail」 - DNA

ヨーロッパやアメリカから見た他の国のイメージを描き表したおもしろ地図いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧