アートとデザイン

あの2連装ガヴァメント拳銃「AF2011-A1」が大活躍する映画「My Name is Paul(我が名はパウロ)」


ワントリガーで45口径が2発飛び出すある意味夢の2連装拳銃「AF2011-A1」のデビューから約1年、いよいよSFアクション映画「My Name is Paul(我が名はパウロ)」銀幕デビューとなりました。ダーティー・ハリーの「44マグナム」を超えるインパクトを残すことができるでしょうか。


「My Name is Paul」は「ぼくはポール」と訳すこともできますがおそらく「我が名はパウロ」が正解の近未来SFアクション映画。

腐敗しつつも強大な権力を維持する政府の司法機関に属し、司法官、そして執行官として支配に抵抗するレジスタンス組織と戦う男、パウロ。ある日恐ろしい事故によって視力を失いますが、とある奇跡により視力を取り戻し、やがて自分が歩むべき正しい道を見出す……というガン=カタ使いが出てきそうな筋書きになっています。

なぜ「パウロ」なのかというと「My Name is Paul」は聖書をベースとしているため。クリスチャン団体「Quiet No More」は啓蒙のため広く受け入れやすそうな映画を作っており、この「My Name is Paul」もキリストの使徒パウロの物語を現代風アクションにアレンジした作品となっています。

以前、イエス・キリストがゾンビ軍団を徒手空拳でなぎ倒すアクション映画「Fist of Jesus(イエスの拳)」をご紹介しましたが、あちらよりは幾分マジメな作りです。

Arsenal社は銃器を提供。こんな感じで特殊な銃として登場するようです。

予告編はこちらから。
My Name is Paul – Teaser Trailer – YouTube

ポスターはこちら。

ソース:My Name is Paul – The Movie

関連記事

「銃をドッキングさせれば火力も2倍」という理想を具現化した45口径のピストル「AF2011-A1」の動画 - DNA

「2連銃身拳銃」AF2011-A1、アメリカATFの認可がおりて一般販売が可能に - DNA

イエスが出て殺す!キリストがゾンビ軍団を殲滅するアクション映画「Fist of Jesus」 - DNA

ハンドガン2丁分の火力と、ダットサイトによる精度を両立させるアタッチメント「ドッペルグロック」 - DNA

イスラエル企業、水平二連銃身のアサルトライフル「Gilboa Snake」を開発 - DNA

2丁の拳銃を1丁のカービン銃に合成、死角を完全に消し去るキット「NEDG」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧