科学と技術

最新3Dヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」を使った断頭台シミュレーター「Disunion」の動画


断頭台の刃が落ちて胴体から首が離れたとき、いったい何が見えるのでしょうか。実際に首を切られなくてもこの「Disunion」ならギロチンを受けたときの視界を再現できます。


Oculus Riftに表示される画面。両目にそれぞれちょっとズレた画像を表示させて3Dに見せかけるという仕組み。これで18世紀の公開処刑を再現するわけですね。

動画はこちらから。ちょっと怖いシミュレータですがなんだかとても楽しそうです。
Disunion – The guillotine simulator on Vimeo

Oculus Riftはおそらく世界で始めて初めてビデオゲームに特化したヘッドマウントディスプレイ。視野が非常に広く高解像度、そして表示の遅れが非常に少ないのが特徴。さらにヘッドトラッキング技術で頭の動きを読み取るので、周りを見渡す動きをすると画像もその通りに動きます。

スペックはこのとおり:

6自由度・超低レイテンシのヘッドトラッキング
視野:左右110度、上下90度
解像度:片目あたり640×800、合計1280×800

性能が高いにも関わらず、日本でのデベロッパ向けキット価格が3万7千800円と、この手のデバイスとしては非常に安価であるのも特徴です。

「Team Fortress 2」や「Hawken」と言った有名FPSがすでにOculus Riftに対応を表明しており、おそらく他のタイトルも追いついてくるでしょう。解像度競争ではなく、3Dならではの面白さが次の課題になるのではないでしょうか。

関連記事

機動隊になりきって民衆を蹴散らせる「暴動鎮圧体験コース」がイギリスで話題に - DNA

これは大人版キッザニア、「ビンラディン殺害作戦」を体験できるアトラクションが登場 - DNA

バーチャルリアリティー技術を使って安全・安価に訓練できる軍用スカイダイビングシミュレーター - DNA

「彼女が後ろから抱きついてくる感覚」をたっぷり味わえる「リア充コート」の動画 - DNA

建物で発生する「人の渋滞」を解析して設計に役立てる群衆シミュレータ「MassMotion」 - DNA

マサチューセッツ工科大学謹製「ゲーム機シェア競争」シミュレータ - DNA

キング・オブ・倉庫になれる「フォークリフト・シミュレーター」が登場 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧