世界のびっくりニュース

何でも銃器化、鉄パイプで作る密造ショットガンの動画


単純に弾丸を発射するだけなら複雑なメカニズムは必要ありません。いくら規制を厳しくしても、どこでも手に入る材料で作る「ジップガン(密造銃)」は製造が可能です。こちらはどう見ても鉄パイプにしか見えませんが、散弾を射撃することが可能です。


パイプは後端で2重になっており、内側の端部に散弾を装填。外側のパイプの端部にはファイアリングピンがあり、これをスライドさせて打ち付けると散弾が発射されます。

動画の説明では法律に適合させるためにこのサイズになっていますが、スライドさせるだけの十分な長さがあればおそらくもっと短く作れると思われます。
12 GAUGE ZIP GUN HOMEMADE SHOTGUN PIPE GUN – YouTube

最近は3Dプリンタによって誰でも銃が作れるようになった……!というニュースがよく聞かれます。しかし密造銃というのは昔からこのようにたくさん存在しています。このことを考慮に入れると、同じニュースでもまた違った見方になるのではないでしょうか。

関連記事

世界初の完全3Dプリンタ製拳銃の生産・発射にDefence Distributedチームが成功 - DNA

3Dプリンタ製AR-15ライフルのロアレシーバー、Defence Distributedが新型を開発 - DNA

妙な改造を施されたり密造されたりしたヘンテコな銃の画像いろいろ - DNA

職人がものすごい手作業で銃を密造しているフィリピン・ダナオの「密造銃集落」の画像 - DNA

南米・ベネズエラで大量の違法銃器を処分している写真いろいろ - DNA

すべての人に武装の自由を!ユニバーサルデザインのピストル「Palm Pistol」が2011年内にデビュー - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧