ネット・PC

ビル側面を丸ごと使った超々々大画面でプレイする「Pong」の動画


あまりデカくてトップ画像だと何がなんだかわからないかもしれませんが、こちらはビルの窓を1ドットにした超大型のスクリーンで伝説のテレビゲーム「Pong」をプレイするという動画。こんな大きなものを指先で操れるというのが信じられませんね。


動画はこちらから。
Pong at the Philadelphia Cira Centre – YouTube

これはアメリカ・フィラデルフィア州ドレクセル大学のチームが作り上げたもの。2008年に思いついてから完成までに実に5年かけた執念の作品となっています。ちなみに最も大変だったのは技術的なことではなくビルの持ち主を説得することでした。直接頼みに行って断られたので、フィラデルフィアのあらゆる人脈を使って外堀を埋めていく必要があったそうです。

このビルの照明は一つ一つIPアドレスがふられたネットワーク対応型なので、一括コントロールが可能。APIさえあればどんなゲームでも駆動できるということで、また他にもゲームを見せてくれるかもしれませんね。

関連記事

Webコンテンツのメインを張るのはFlashかそれともHTML5か、とうとうブラウザ上で「直接対決」が実現 - DNA

ビル全部を使った「壁面テトリス」にマサチューセッツ工科大学の学生が成功 - DNA

重力と体力だけで楽しむアナログ版テトリスの動画 - DNA

[字幕動画]「ゲーミフィケーション」を考えさせるちょっと不気味な現代のおとぎ話「The Internet Story」 - DNA

容量なんと1メガバイト以下でほぼ完全に物理演算ベースのFPSゲーム「A New Zero」 - DNA

どんなWebページでも「塊魂」にして遊べてしまうブックマークレット「Katamari Hack」 - DNA

プリンターの新たな可能性を追求するレースゲーム「Receipt Racer」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧