アートとデザイン

難曲「ヴォロドス版トルコ行進曲」をさらに超絶難度にしたパイプオルガン版トルコ行進曲の動画


アメリカの超絶技巧オルガニスト、キャメロン・カーペンターがピアノの難曲「ヴォロドス版トルコ行進曲」をさらに高難度にして電子パイプオルガンで演奏するというこの動画、両手のみならず両足も使うという人間の脳の神秘を感じてしまいます。

トルコ行進曲」はもともとはモーツァルトが18世紀に作曲したもの。もともと有名な曲ですが、これをロシア出身の超絶技巧ピアニストであるアルカーディ・ヴォロドスが魔編曲したものもファンの間ではよく知られています。

動画の演奏はこのヴォロドス版をベースに超難度パートをもりもりと足していったもの。足の動きの細かさと正確さにクラクラします。
Cameron Carpenter plays Arcadi Volodos: Mozart ‘Turkish March’ Paraphrase – YouTube

こちらはホロヴィッツ編曲の「カルメンの主題による幻想曲」。ジプシーの壮大な踊りが鍵盤の上に現れます。TELARCのレコーディングで音も鮮烈です。
Cameron Carpenter – Carmen, Variations on a theme, Bizet/Horowitz – YouTube

人間、やればなんでもできるという希望がわいてくる動画ですね。

関連記事

普通のバイオリンを「ストラディバリウス」に近づける特殊な胞子 - DNA

天才・モーツァルトが10歳で作曲した未発表ピアノ曲の初演動画 - DNA

もう「何それ」とは言わせない……ユーフォニアム1本で「ファイナルファンタジー4・ボスのテーマ」の全パートを演奏する動画 - DNA

マッドサイエンス風味のDIYパイプオルガンで弾く「愛しのアウグスティン」 - DNA

足で弾く巨大ピアノで演奏するバッハの「トッカータとフーガ ニ短調」の動画 - DNA

「ツァラトゥストラはかく語りき」を使った映画を色々混ぜただけで面白くなってしまった動画 - DNA

実はとても美しい楽器内部のマクロ写真を使った「ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団」ポスター6枚 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧