世界のびっくりニュース

たぶん世界初、メールに気を取られて燃料補給を忘れたヘリが墜落


なにか事故が起こってしまったら、対策しなければいけません。しかしここまでスカタンな事故だといったい何を気を付ければいいのか……パイロットがメールに気を取られてヘリのチェックを怠り、燃料切れで墜落してしまうという、おそらく世界初の事故が発生しました。


事故があったのはアメリカ・ミズーリ州。病院から患者をヘリコプターで移送する最中、燃料切れで牧草地に墜落、4人全員が死亡しました。

墜落した原因は操縦ミスでも故障でもなく、なんと燃料が切れたためということが判明。普通ならまずありえないミスなのですが、その後の調査によればパイロットはメールに気を取られており、うっかり残量をチェックしわすれたのではないか、ということが分かりました。

病院に到着した際に残量をチェックするチャンスはあったはずですが、パイロットは勤務1年目でミスを報告したくなかったのでは、と推論されているようです。

また、ヘリコプターのエンジンが空中で停止した際は「オートローテーション」という操縦法で比較的ゆっくり着地させることも可能で、ライセンス取得の際に必ず学んでいるはず。しかしパイロットの記録によればシミュレーターでの訓練が足らず、操作が間に合わなかった可能性が指摘されました。

ものすごく細かいミスが積みあがってしまった不運な事故、としかいいようがない事故でどこまで対策に踏みこめばいいのか、現場も苦慮している様子です。

ソース:Pilot texting a factor in deadly copter crash – CNN.com

関連記事

電話をしながら歩いていてありえない事故にあってしまった動画 - DNA

トルコのテレビ局、CG合成する前のテレビドラマをうっかり放映 - DNA

うっかり重量130トンのディーゼル電気機関車を落とすとこうなる - DNA

英軍特殊部隊員で満載のバンをうっかり狙ってしまった車上荒らしがひどい目にあう - DNA

コンゴの空港で飛行機に燃料を補給するすごすぎる方法の動画 - DNA

その距離60cm、時速300kmオーバーでものすごくスレスレに飛行機が飛び去っていく動画 - DNA

5万5千件の調査で判明、「パケット定額制廃止」でも通信量は変わらない - DNA

自爆テロ犯、トリガーの携帯電話がスパムメールで誤動作して爆死 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧