ネット・PC

宝の山「ホンダ・コレクションホール」がまるごとGoogleマップに収録


「伝説級のお宝」というものを目にする機会というのはあまりないのですが、そのあまりない機会が山ほどあるのが世界のホンダが所有する「Hondaコレクションホール」。その中身がごっそりとGoogleマップで見られるようになりました。好きな人は1日でも2日でもディスプレイの前から離れられなくなること間違いありません。


いくつか見どころの紹介。1Fのアシモギャラリーでは「箱+足」なころの試作モデルが展示されています。

フロア間の移動はこちらのボタンで。

2Fは市販モデルフロア。自動車部門はホンダ・S600からバモス、シビックやビートといったホンダらしい車種が展示。

二輪部門はおなじみスーパーカブの歴代モデルがズラリと。撮影機材の都合なのか、全体的に視点が高いので下のほうがあまり見えないのが難点ではあります。

3Fはレーシングマシンの階。戦後すぐのころ、マン島TTや浅間火山レースといったレースで大活躍したマシンから最近のものまで。

自動車はF1ですね。ホンダの初優勝をもぎとってきたRA272がお出迎えです。

ホンダのF1といえばこの色、という人もたくさんいると思われます。

ホンダに限りませんが、メーカーの博物館の多くは「動態保存」といって実際に走行可能な状態で展示しています。こちらはレーサーバイクRC143のエンジンを新造するドキュメンタリー。1961年に作られたマグネシウム製ケースを今走行させると壊れてしまうのでアルミニウムで復元しています。
復元技術 (1)レーサーバイクの動態復元 – YouTube

というわけでコレクションホールのマシンはほぼすべてが走るのですね。
120626_Honda Collection Hall 走行確認テスト – YouTube

コンディションが素晴らしいからこそ、こういうコマーシャルも作れるのです。
Honda CM「負けるもんか(プロダクト)篇」 – YouTube

それではごゆっくりウロウロしてください。

大きな地図で見る

関連記事

まさかのホンダ・CRレーサー風デザイン、125ccの公道向け量産バイク「Skyteam Ace」 - DNA

ホンダ×萌え??公式痛単車「CBR250R わんおふ -one off-モデル」 - DNA

その名は「ハーレー殺し」、70年代最速のドラッグレーサーバイク「Hogslayer」 - DNA

BMWモトラッド、伝統の「空冷水平対向エンジン」搭載のネオクラシック・バイク開発中、90周年を記念し2013年にリリース予定 - DNA

過去と未来の融合、クラシックレーサーを電動バイクにコンバートした「Volta」 - DNA

流線型のグラマラスなカウルがかっこいいカスタムバイク「1930 Art Deco Henderson」 - DNA

本物のクラシックバイクメーカー「Royal Enfield」が2車種のモデルチェンジを発表 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧