科学と技術

NASAがやっている「アルマゲドン」を使った管理職研修がすごい


ブルース・ウィリス扮する石油採掘技術者がNASAにスカウトされ、まさに地球に落下せんとする隕石を破壊するミッションに旅立つという映画「アルマゲドン」はすさまじい予算をかけた贅沢なSF西部劇なわけですが、実はアメリカ航空宇宙局NASAはこれを管理職候補の研修に使っているのです。いったい何をしているのでしょうか?


NASAでは管理職候補に研修を行いますが、そのうちの一つがブルース・ウィリス主演「アルマゲドン」を見ること。

劇中のNASAの研究者たちは地球を襲う隕石をヘナヘナなアイディアしか出せないのギークなのですが、別にこれを見て「NASAの職員としてやってはいけないこと」を勉強するわけではありません。

このトレーニングは「この映画の中にいくつ科学的な間違いがあるか発見する」ためのもの。NASAといえばアメリカでも「ベスト・アンド・ブライテスト」、秀才中の秀才が集まるところですから「アルマゲドン」のウソくらいは一発で見抜けなければチームをまとめることはできません。

ちなみに現在までに「小惑星の重力は体が浮き上がってしまうくらい小さいはずなのにシャトルの中には重力がある」など150分の上映時間の間に168の間違いが発見されているそうです。1分に1回間違いがあるので、解答するほうも大変ですね。

ソース:Sign in to read: Feedback – 01 September 2007 – New Scientist

関連記事

宇宙ファン必見、NASAのエンジニアによる解説付き「ザ・ベスト・オブ・シャトル打ち上げ」動画 - DNA

ブルース・ウィリスをみんなが殺しにくるニセ映画「EVERYBODY WANTS TO KILL BRUCE」 - DNA

マジかっこいい「スローモーション+横一列」で歩くシーンのマッシュアップ動画 - DNA

これは別物「2001年宇宙の旅」の予告編を今風にリメイクするとこうなるという動画 - DNA

超オールスターアクション映画「エクスペンダブルズ2」公式TVスポットCM動画が登場 - DNA

「ダイ・ハード」全4作の銃撃戦部分だけをマッシュアップしたスーパーカット動画 - DNA

旧ソ連製の試作レーザー砲戦車「1K17」のかっこよすぎる画像いろいろ - DNA

NASAの新宇宙服のプロトタイプデザインが「トイ・ストーリー」のあの人っぽい - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧