ネット・PC

超高性能車「ランボルギーニ・アヴェンタドール」の最も正しい使い方


一台数千万円、ヘタすると億の単位になってしまうスーパーカーを上手に使うのはなかなか難しいもの。なかにはドロドロの地面でドリフトしたりする人もいますが、普通はガレージにしまいっぱなしにしてしまいがちです。そんなスーパーカーの一つ、ランボルギーニ・アヴェンタドールを使って、親に虐待されている女子高生にちょっと粋な時間をプレゼントした人が現れました。


フロリダに住むアレン・ウォンさんはモバイルアプリの制作で一山あてた大富豪。しかし売れていない頃はニューヨークのあまり所得の高くないエリアに住んでいました。

ニューヨーク時代、アレンさんの隣にはとある女の子が住んでいました。彼女は父親をなくし、貧乏な生活をしていました。母親はアルコール依存症で、娘の社会保障費口座から金を抜いては宝くじを買うひどい親でした。車を買えない彼女の親の代わりに、アレンさんはよく彼女を学校に送っていったものでした。

フロリダに引っ越したあとも、アレンさんは彼女のことが心の隅にあったのでしょう。久しぶりにニューヨークに戻ったアレンさんは、彼女の気持ちを明るくするために頼もしい相棒を連れていました。

それが明るいアジュール・ブルーのランボルギーニ・アヴェンタドールだったのです。

彼女をこのハデな車で迎えに行ったアレンさん。もちろん女の子は大喜び。

そのままブロードウェイを抜けて……

ニューヨークの中心、タイムズスクウェアへ。女の子の楽しそうな笑い声が聞こえます。

アレンさんはこの動画の広告から得られた収入をさらに倍にしてこの女の子の学費として寄付するとのこと。さらに募金サイトを立ち上げ寄付を募っています。手の込んだ詐欺なのか本物なのか真偽は分かりませんが、スーパーカーの使い方としてはかなり粋なのではないでしょうか。

動画はこちらから。
17 Year Old Girl Rides A Lamborghini from School – Reaction video – YouTube

関連記事

レゴ社のカスタマー・サポートは世界最高クラスでオトコマエであることが判明 - DNA

「息子に恥かかせたい」毎日違うコスプレで子どものスクールバスを見送るお父さん - DNA

「お父さんから『ママには内緒だぞ』って言われた時のこと教えて」という書き込みに集まった感動的なエピソードいろいろ - DNA

「全然知らない人とコラボが決まった瞬間」エピソードいろいろ - DNA

路上で死んだ仲間を起こそうと心肺蘇生を試み続ける猫の動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧