世界のびっくりニュース

カジノの監視カメラをハッキングして相手のカードを見るイカサマで約31億円を強奪


カジノを相手にした犯罪というのはロマンあふれるもので「オーシャンズ11」や「ラスベガスをぶっつぶせ」など様々な映画の題材になっていますが、まさにこうしたハリウッド的な犯罪が実際にオーストラリアのカジノで発生したそうです。


事件があったのはオーストラリア・メルボルンにあるカジノホテル「クラウン」。何者かがカジノのセキュリティシステムに侵入、監視カメラの映像を取得しゲーム中の客のカードを盗み見て、ゲーム場にいるパートナーに指示を出していました。

ごく普通のゲームならよかったのですが、このハイテクなイカサマが行われたのは大富豪向けのギャンブルを提供する、いわゆる「ハイローラー」ゾーン。超高額なレートでゲームが進行し、発覚するまでに3200万豪ドル(約31億円)が巻き上げられていました。

侵入に気づいたカジノ側はゲーム場の男と、ホテルで部屋を取っていたハッカーを特定してこれを排除、現在は警察と協同して捜査を進めているそうです。

関連記事

ゆらゆら揺れるクルーズ船の上でも遊べる不思議なビリヤード台の動画 - DNA

「ガン患者がいつ死ぬか」台湾の地下ギャンブル場で行われているとんでもない賭け - DNA

これぞリアル「スパイ大作戦」空港の超厳重なセキュリティを突破し飛行機に搭乗した男の、ものすごい変装テクニック - DNA

誰でも簡単に(ハリウッド式の)スーパーハッカーになれるスクリプト「Hacker Typer」 - DNA

「監視カメラが見た決定的瞬間」を集めたコカ・コーラのコマーシャル動画 - DNA

あなたは見張られている……監視社会の恐怖 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧