科学と技術

マグニファイア用の2軸ヒンジのスコープカバー「Butler Creek Tactical Sidewinder Flip Cover」


最近よく見かけるのがトップ画像のように、照準器を2つ前後に載せるというスタイル。様々な距離や環境に対応できるようにするためですが、このように前後に近づけるため普通の方法ではレンズキャップをはめることができません。スコープカバーでは老舗のバトラークリーク社が、2軸のヒンジを使うことでこの問題を解決しました。


前に光点で照準する等倍のダットサイト、後ろに暗視鏡や拡大鏡(マグニファイア、エクステンダ)を載せたカービン。FPSゲーム「Modern Warfare 3」などでも見られました。こうした光学機器は、普段はほこりや光の反射を避けるためレンズにキャップをするのですがこれだけ隙間がないと手が入りません。

バトラークリーク社の「Tactical Sidewinder Flip Cover」は2軸のジョイントをもっており、キャップ部分がまず上に回転したあと、後ろに跳ね上がるという仕組みになっています。

光学機器は高価なので、こうしたプロテクションは大事ですね。動画はこちらから。
Butler Creek Tactical Sidewinder Flip Covers – YouTube

関連記事

超精密なのにタフなリューポルド社のスコープを削岩機でいじめぬいている動画 - DNA

マグプル、長距離射撃教則ビデオ「Art Of The Precision Rifle」予告編ムービーをリリース - DNA

傑作冒険小説「極大射程」シリーズ最新作「Dead Zero」を著者自らがYouTubeムービーでプロモーション - DNA

武骨だけれどそれがいい、東側諸国のスナイパーライフルいろいろ - DNA

モジュラーレシーバーシステムを採用したコルト社の新型自動小銃「CM901」がデビュー間近 - DNA

ベトナム戦争時代に配布されたマンガ式「M16分解清掃マニュアル」 - DNA

心は常に戦場な人にぴったりのマグカップ「OPMOD Battle Mug」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧