ゲーム

超精密FPSゲーム「ARMA3」のアルファ版リリース、ほぼ実写にしか見えない動画が公開


銃を撃ちまくり敵をばったばった倒していく爽快さよりも、実際の戦闘に近い精密さを重視しているミリタリー系FPSゲーム「Armed Assault(ARMA)」第三弾のアルファ版がオンラインで公開されました。前作もリアルな見た目がウリでしたが、今回もディスプレイからちょっと離れると実物にしか見えないレベルの凄まじいリアルさを実現しています。


今回、製造元Bohemia Interactiveの自社オンラインストアSteamで公開されたアルファ版は、2013年第3四半期にリリースされる正式版の一部機能・ミッションが実装されたもの。歩兵・車両・スキューバ・ヘリコプターの4種それぞれのお試し版ミッション、火器や車両の一部、マルチプレイヤーゲームのシナリオ2つ、そしてシナリオエディタとMod制作ツールが含まれており、正式版リリースに向けてプレイヤーコミュニティを構築するものとなっています。

人物はもちろん、遠景の精密さが全体のリアルさを向上させています。

野戦では遠くを見渡すことになるため必然的に遠景はよく目に入ります。

現実世界での変化を反映するように装備もブラッシュアップされました。

PhysXの導入など物理シミュレーションも強化される予定ですが、車の動きはまだちょっとぎこちないかも。

光の表現はさすがにすごい。

ゲームの舞台となるAltis島。正式版では270平方キロメートルのこの島全部を使って戦争ができますが、アルファでは20平方キロメートルに制限されます。

歩兵ミッション。2~300メートル先で回敵するので、敵の姿が見えないのがデフォルトです。

今作で初めて取り入れられる水中ミッション。上陸や機雷の解除をサポート。

赤外線カメラからの映像。

茂みに潜んだ敵でも白く浮かび上がります。

ヘリからの眺め。

動画はこちらから。
Arma 3 – ’2013 Sneak Preview’ Trailer – YouTube

ソース:Developer’s Blog | Arma 3 | Official Website

関連記事

「メタルギアソリッド5 ザ・ファントム・ペイン」正式発表、予告編動画公開中 - DNA

FPSゲームの良し悪しはグラフィックスだけでは判断できないことが分かる動画 - DNA

ゲームはここまで来た、もう本物の市街戦演習にしか見えない「Arma2」の動画 - DNA

実際の地下鉄の駅をモデルにしたFPSゲームのマップに公開中止要請がくる - DNA

見慣れた風景をミリタリーFPSの1ステージに変身させてしまうiOSアプリ「Real Strike」 - DNA

容量なんと1メガバイト以下でほぼ完全に物理演算ベースのFPSゲーム「A New Zero」 - DNA

無限に弾を撃てるゲームキャラは、どんな荷物を背負っているのか分かる動画 - DNA

「朝起きてびっくりしたよ……」現実とゲームの境界を超越した風景 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧