科学と技術

エクストリームな方法で「死んでも愛犬と一緒にいたい……」を実現した男


例え自分の寿命が尽きた後も物理的に愛犬と一緒にいたい、と願う人は多いようです。こちらの男性も、離れ離れになりたくないあまり、とあるエクストリームな方法を思いつきました。


アメリカのグローバー・クランツさんは教師業の傍ら、ややエキセントリックな人類学者としても活躍し、とくに雪男については初めて真剣に研究を行った人類学者でした。

惜しくも脾臓ガンでなくなりましたが「死んだ後も教師でありたい。私の体から何かを学んで欲しい」と、ある条件のもとで検体になることを申し出ました。

その条件とは、愛犬も一緒に検体になって一緒に保存・展示するということ。現在、グローバーさんは見事な骨となり、アメリカ最大の博物館として知られるスミソニアン博物館に収蔵されています。

ソース:Grover Krantz Donated His Body to Science, On One Condition… | Around The Mall

関連記事

瞑想する「やわらかガイコツ」 - DNA

アニメキャラクターの全身骸骨はこうなっているはずだ - DNA

[閲覧注意]文字通り「一皮むいた」だけの動物達の剥製いろいろ - DNA

怖いくらい完璧に人間の赤ちゃんの動作をシミュレートしているロボット「アニマトロニクス・ベイビー」の動画 - DNA

めちゃめちゃカッコいいレゴの「強化外骨格」公式キット化に向けて賛同者募集中 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧