ネット・PC

[字幕動画]訴訟まみれなのを逆手にとったサムスンのコマーシャル動画


携帯電話の世界は、ライバル企業が互いを特許や商標の侵害で訴えまくる仁義なき世界なのですが、それを逆手に取ったユニークなコマーシャルを作ったのがサムスンUSA。隠語だらけとなっており、転んでもただでは起きないしたたかさを見せつけています。


アメリカのフットボール最強を決める決勝戦「スーパーボウル」は例年視聴率が高く、さまざまな業界で気合の入った特別コマーシャルが制作されます。1984年、Apple社も最初の製品のコマーシャルをスーパーボウル中に放映しました。

で、2013年はサンフランシスコ・49ers(フォーティーナイナーズ、1849年のゴールドラッシュでやって来た人たちを指す)とボルチモア・レイブンズの間で決勝戦が戦われました。

以上の基礎知識をもって動画をご覧ください。

下の「Select Language」タブから「Japanese」を選択して再生すると字幕が表示されます。動画が表示されていない場合は、何度か「F5」キーを押してページの表示を更新してみてください。

 
「スーパーボウル」が「El Plato Supreme(すごいお椀=ボウル)」というのはかなり無理やりだな……という感じですが、これくらいやらないと訴訟社会アメリカではやっていけないのかもしれませんね。

関連記事

ノキア、アップルなど携帯電話の複雑怪奇な特許訴訟合戦をまとめた図 - DNA

サムスン「iPadの元ネタは『2001年宇宙の旅』に出ていた。よってGalaxyタブレットはパクりではない」と主張 - DNA

サムスンがどれくらいアップルからパクっているのかがよく分かる画像いろいろ - DNA

サムスンの「GALAXY Tab」に「警告文」が隠されていた - DNA

恐怖の瞬間、ポケットの中でiPhone4Sが燃え出す瞬間を捉えた動画 - DNA

根性入りすぎの変造ハードディスクが中国で発見される - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧