アートとデザイン

マリオ3のファイナルステージを超リアルFPSにアレンジした動画「First Person Mario: Endgame」


1988年10月に発売されたスーパーマリオブラザーズ3のファイナルステージ(ワールド8:暗黒の国 CASTLE OF KUPPA)をマリオの視点で見たFPSゲーム風にアレンジしたのが「First Person Mario: Endgame」です。BGMとグラフィックがなぜかやたらと荘厳です。

これらの動画は、freddiew氏が約50日かけて制作したもの。かなり気合が張っています。

スーパマリオブラザーズ・シリーズの中でも屈指の難易度と言われているマリオ3のワールド8。非常にきれいなアニメーションですが、かなり揺れが激しいため注意してください。動画はこちらから。
First Person Mario: Endgame – YouTube

ちなみに、こちらの動画は同じ作者によるスーパーマリオ・ブラザーズの1?1の1人称プレイ。かなり簡単に見えてしまいます。
First Person Mario – YouTube

さらに、こちらはマリオのハーレム・シェイクです。今はやりですよね。
Harlem Shake vMario – YouTube

関連記事

「スーパーマリオブラザーズ」を海外ゲーム風にリメイクするとこんな感じ?になる動画「Super Mario Bros. – Gulf of Mexico -」 - DNA

「クッパとともに戦おう!」もしマリオの世界にプロパガンダポスターがあったら - DNA

「スーパーマリオブラザーズ」を超現代風に作り直すとこうなる - DNA

スーパーマリオ世界のキャラクターが大銃撃戦を繰り広げるファンムービー「Mario Warfare」予告編 - DNA

「マリオ×Portal」をマッシュアップしたインディーズゲーム「mariO」 - DNA

「マリオ」で「Skyrim」の世界を楽しむことができるMOD「Super Skyrim Bros.」 - DNA

次世代宴会芸:「スーパーマリオのテーマ」をピアノで弾くための楽譜とコツ - DNA

「スーパーマリオブラザーズ」の効果音を現実世界のものに入れ替えてみた動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧