世界のびっくりニュース

風刺・皮肉の効きまくった20世紀初頭ごろのヨーロッパ地図いろいろ


いろいろと直接口に出せないメッセージは絵や図に託されるもの。1854年から1915年に描かれた風刺の効きまくったこれらのヨーロッパあたりの地図を見ると、どの国がどの国をどういう風に思っていたのか、正直な気持ちが見えてきそうです。

※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

1. 「Komische Karte des Kriegsschauplatzes」(1854年)
1854年にハンブルクで出版された地図

2. 「Serio-Comic War Map For The Year」(1877年)
1877年にロンドンで出版された地図

3. 「L’Europe Animale – Physiologie Comique」(1882年)
1882年にブリュッセルで出版された地図

4. 「Das Heutige Europa」(1887年)
1877年にチューリッヒで出版された地図

5. 「Angling in Troubled Waters – Serio-Comic Map of Europe」 (1899年)
1899年にロンドンで出版された地図

6. 「John Bull and his friends – A Serio-Comic Map of Europe」 (1900年)
1900年にイギリス・ロンドンで出版された地図。

第一次世界大戦(1914年?1918年)が勃発したのが1914年です。

7. 「European Revue – Kill That Eagle」(1914年)
1914年にロンドンで出版された地図

8. 「Hark! Hark! The Dogs Do Bark!」(1914年)
1914年にロンドンで出版された地図

9. 「Karte Von Europa Jahre」(1914年)
1914年にベルリンで出版された地図

10. 「Het Gekkenhuis (Oud Liedje, Nieuwe Wijs)」(1915年)
1915年にアムステルダムで出版された地図

11. 「Sommerschau uber Europa」(1915年)
1915年にハンブルクで出版された地図

12. 「Gedrangte Fruhjahrsubersicht von Europa im Jahre」(1915年)
1915年にハンブルクで出版された地図

13. 「Satyrische Europa Karte Weltkrieg」(1914年)
1914年にハンブルクで出版された地図

14. 「Humoristische Karte von Europa im Jahre」(1914年)
1914年にドレスデンで出版された地図

おまけ。日本でも作成されています。

15. 「滑稽時局世界地図」(1914年)
1914年に日本で出版された地図

16. 「滑稽欧亜外交地図」(1914年)
1914年に日本で出版された地図

ソース:Satirical Maps of Europe – Retronaut

関連記事

ヨーロッパやアメリカから見た他の国のイメージを描き表したおもしろ地図いろいろ - DNA

世界各国どんな国でも何かしらの世界一ということがよくわかる世界地図「International Number Ones」 - DNA

世界各国の名前の由来がぎっしり詰まった世界地図 - DNA

Googleマップを利用したインタラクティブな世界地図パズル「Mercator Puzzle!」 - DNA

2013年版、地球に張り巡らされた「海底ケーブル」のインタラクティブな世界地図 - DNA

世界各国で最も人気のある自動車が一目でわかる世界地図 - DNA

旅行者と地元の人の行動パターンの違いが一目でわかる世界の大都市地図 - DNA

世界地図に髑髏や裸婦などを織り交ぜた神秘的なアート - DNA

女性のカップ数や男性自身のサイズで世界地図を塗り分けるとこうなる - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧