アートとデザイン

アカデミー賞を狙うディズニーのショートアニメーションフィルム「Paperman」


街でふと出会った2人。そのままそれぞれの職場に向かうけれども、なんとなくお互いを忘れることができなくて……という情景に、風のいたずらがちょっとした奇跡を起こすというかわいいショートアニメーションフィルム「Paperman」。2012年に公開され、現在アカデミー賞の短編アニメーション部門にもノミネートされています。


Paperman – Full Animated Short Film – YouTube

この作り方が結構面白いのです。まず、3Dモデルを制作してスクリーン上で動かします。いかにも3Dで作った、というキャラクターですね。

この3D物体上にたくさんの点をとって、この動きを記録します。

こうすると、3D物体上に手で描いた図形が自動で変形してくれるという仕組み。

手の甲の模様が勝手に変形しています。これが手描きだと人間が考えて変形させなければなりませんが、ディズニー謹製のこのソフトはこの作業を自動化しているわけですね。

髪の動きもまず動きが始まるところの形をこうなぞる。

そして動きの終わりの形をなぞって指定する。後は自動で数コマ描いて動かしてくれます。

こうすることで動画に独特の雰囲気があらわれる一方、様々な作業工程がきれいに分割され分業しやすくなります。映像作品は工業製品ではありませんが、こうした工程の整理も質の向上には大切ですね。

メイキングの動画はこちらから。
Paperman Progression – YouTube

関連記事

SF大作映画を極限まで絞込んで60秒のまとめた手作りアニメーション動画「Speedrun」3作品 - DNA

憎悪の果て、永遠の空中戦を描く3Dアニメーション「PATHS OF HATE」 - DNA

1963年にベル研究所で作られた世界最初期のCGアニメーションの動画 - DNA

アニメーションする「シャドウボックス」で描かれた不思議な物語「I HAVE YOUR HEART」 - DNA

イスラエルの地をめぐる血みどろの歴史をまとめたアニメーション映像「This Land Is Mine」 - DNA

「恋のキューピッドもラクじゃないよ……」天使の孤軍奮闘コメディ手作りCGアニメ「Cupidon」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧