ネット・PC

テレビの緊急放送がハックされ「ゾンビ警報」を発令


テレビに流れている情報を無条件で信じてしまう人はまだまだたくさんいる昨今、こんなことをされたらパニックになる可能性もあります。テレビ局の緊急放送システムが何者かに侵入され「ゾンビが街を襲っている」という警報が流れてしまう騒ぎがありました。


放送されたのはアメリカ・モンタナ州の一部の地域。KRTVとCWの2つのチャンネルがハッキングされた模様です。

番組の途中で緊急放送を表すブザーが鳴り、テロップが流れ始めます。そして「市当局によれば、墓場から死体が蘇り生者を襲っていることが確認されました。画面の情報をよく確認して続報を待ってください。危険なので絶対に死体に近づかないようにしてください。」という音声が繰り返されます。
▶ Hackers send out TV Station’s Bogus Emergency Alert System Message about Zombies – YouTube

さらにもう一例。
TV Station’s Emergency Alert System Hacked, Warns of Montana Zombie Apocalypse – YouTube

ソース:Bogus emergency alert message transmitted | KRTV.com | Great Falls, Montana

関連記事

イギリスBBC、ニュースで国連安保理(UNSC)と「HALO」のUNSCのロゴを間違えて放送 - DNA

機動隊になりきって民衆を蹴散らせる「暴動鎮圧体験コース」がイギリスで話題に - DNA

ドラマ過剰?ワルシャワの暴動の様子をラジコンヘリで空撮した動画 - DNA

エリア51で働いてたけど何か質問ある? - DNA

ドイツのハッカー、検閲を避けるため独自の通信衛星の打ち上げを計画中 - DNA

サイバー戦争による現実世界への物理的攻撃をシミュレーションするジオラマ都市「NetWars CyberCity」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧