世界のびっくりニュース

ライフル教練をやり過ぎると女体化しておっぱいが膨らんでくることが判明


見た目のいい男性兵士の職場といえば、式典に参加する「儀仗(ぎじょう)兵」。一糸乱れぬ動きでライフルを操る彼らですが、このライフル教練をやり過ぎると乳房が女性化してくることが明らかになりました。


これはドイツ陸軍病院の形成外科医、Bjorn Krapohl教授の報告によって明らかになったもの。調査の結果、同国陸軍の儀仗兵部隊Wachbataillon(連邦国防省陸軍警備大隊)の隊員の多くに、女性ホルモンの異常分泌による女性化乳房症が見られることが明らかになりました。

特に左胸にあらわれる傾向があり、教授によれば「ライフルを左胸に打ち付ける動きが多く、それが女性ホルモンを分泌する腺を刺激したのではないか」とのこと。部隊幹部は訓練メニューの見直しをすでに指示しているそうです。

同部隊による儀仗展示。
Drillteam der 7. Kompanie – Wachbataillon BMVg – YouTube

問題は女性化乳房症はステロイドなどによるドーピングでも発生するという点。部隊に留まるために薬物を使う兵士が増えてきた、という可能性もあります。

訓練のやり過ぎが原因なのか、部隊の薬物汚染が原因なのか。どちらにしても怖い話です。

ソース:Bra-Gade of Guards – Germany in Focus News – German Herald English Online Newspaper about Germany

関連記事

ほぼ無限ドミノにしか見えない兵隊さんたちのライフルドリル(教練)動画 - DNA

やっぱりキツかったんだ……大事な式典中に貧血で倒れてしまった兵隊さん達の画像 - DNA

インドとパキスタン国境の衛兵たちによる超攻撃的な「国境ゲート閉鎖式」の様子 - DNA

ロシアで1941年の「赤の広場」での軍事パレードを再現 - DNA

さすが赤軍、行進中にレディー・ガガを大声で合唱するロシア軍の動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧