科学と技術

家具でデコボコの壁でもスクリーンにできてしまう新技術「IllumiRoom」をMicrosoftが公開。


プロジェクターを使うには広い平面が必要ですが、部屋の壁は家具で埋まってしまっていて片づけるのがとてもめんどう。でもMicrosoftが今回公開した「IllumiRoom」を使えば、例え壁が一面空いていなくても構うことなく映像を投影することができます。


まず最初にKinectを使って周りの壁面をスキャン。これで凹凸を計測して投影する映像を補正します。

するとこの通り。周りの凹凸に関わらず、見た目は平面スクリーンに投射したように見えるという仕組み。事前に計算するのではなく、ゲームの画面に応じてリアルタイムでレンダリングされています。ゲームでは遅延がものすごく問題になりますが、それを感じさせない速度で計算するのはなかなか大変な技術です。

単にスクリーンが大きくなるだけではなく、画面外に出た敵やアイテムが見えるようになるのはゲームとして面白いかも。

動画はこちらから。
IllumiRoom Projects Images Beyond Your TV for an Immersive Gaming Experience – YouTube

ちなみにゲームだけでなく部屋の見た目を簡単に変えてしまうという用途もあるのだとか。プレイヤーの位置によって見え方が大きく変わってしまうのでそこの補正をどうしているのかなーというのが気になるところですが、大きなスクリーンをかけるのに部屋を片付ける必要がないのはラクチンそうでいいですね。

ソース:IllumiRoom – Microsoft Research

関連記事

スクリーンの奥に裸眼擬似立体映像を生成するiPhoneアプリ「i3D」がすごい - DNA

全長6メートルの巨大マルチタッチディスプレイで大艦隊戦が楽しめるゲーム「Fleet Commander」 - DNA

視野が広がりまくるマルチディスプレイ環境のデスク写真23枚 - DNA

「こんな環境でゲームが出来ればもう何もいらない」と思える超豪華なシステム - DNA

バーチャルリアリティー技術を使って安全・安価に訓練できる軍用スカイダイビングシミュレーター - DNA

ナノテクで「光を曲げる」光学迷彩技術「Quantam Stealth」の開発が進行中 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧