アートとデザイン

突然ギターショップに現れた少年の歌うブルースがすごすぎる


「幻の名演」というのはある日突然目の前に現れるもの。とあるギター屋さんにお父さんと一緒に表れた少年が、ものすごいブルースを歌います。


店主が驚いて「待て、動くな。そこにいてくれ。こいつは友達に見せないと」とカメラをとりだし撮影を始めるレベル。まさかこんなに小さな少年からこんな声が出てくるとは思いもよりませんよね。
White Kid Sing The Blues In Guitar Shop Like It’s Nobody’s Business! – YouTube

曲は、ブルースのスタンダードナンバー「Just Another Day」。ソウル・ミュージックの隆盛を支えたシンガー、サム・クックによる原曲はこちら。
Sam Cooke & The Soul Stirrers Just Another Day – YouTube

アニマルズの演奏が有名な「朝日のあたる家」。これは2008年ごろの録音。
House Of The Rising Sun – YouTube

少年の名はブレンダン・マクファーレン。1997年生まれのイギリス人。歌だけでなく作曲もやるそうで、現在はCD制作を行いつつ近くのフェスティバルでステージを行っているそうです。現在はこんな感じのお姿です。
Brendan MacFarlane – Money Won’t (2011) – YouTube

関連記事

6歳の少年が熱演するビリー・ジョエルの「ピアノ・マン」の弾き語り動画 - DNA

8歳の女の子がハードコアなパフォーマンスを繰り広げるPV動画 - DNA

ブルースギターに合わせてかわいくシャウトする猫の動画 - DNA

指揮者の「動き」がオーケストラに対し視覚的に影響を与えることが科学的に証明される - DNA

どう演奏しても名曲、サッチモの「この素晴らしき世界」を16の違うジャンルで演奏して比べてみる動画 - DNA

90年代の偉大なるギター・リフ50連発メドレー - DNA

世界最速、ギターによる「くまんばちの飛行」の超絶技巧演奏が500bpmを達成 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧