アートとデザイン

NASAの新宇宙服のプロトタイプデザインが「トイ・ストーリー」のあの人っぽい


実はNASAの宇宙服が新しくなるのはこの20年来で初めてのこと。たくさん作って使うという目的も理由もないものなのでそれでOKといえばOKなのですが、新しく開発するということが内部で次の目的地が決まった、と考えていいのでしょうか。

新しい宇宙服「Z-1」は見るからに軽快で柔軟なデザイン。あくまでもプロトタイプなのでこれをそのまま宇宙に出すわけではありません。まず地上で各種耐久試験などが行われてから、次以降のバージョンが本採用となります。

今までは不可能だった「あぐらをかく」ポーズ。薄い外殻に多めの関節の効果がでています。

背中の大きなポートは、人間の出入り口と各種モジュールの接続口を兼ねています。現在は船内で着替える→エアロックに入って空気を排出し減圧、という手順を踏んでいます。しかし、Z-1ではこのポートと宇宙船の外側を直接つなぐことによってエアロックの手順を省くことができるといいます。

それにしても「バズ・ライトイヤー」っぽいデザインですよね……ピクサーは相当に先見の明があるのだと思われます。

ソース:Nasa reveals new spacesuit – but was it designed by a fan of Buzz Lightyear? | Mail Online

関連記事

SF映画のヘルメットだけ集めたフェチ向けマッシュアップ動画「Helmet Oddity」 - DNA

国際宇宙ステーションで暮らすロシアな人の日々をつづる画像いろいろ - DNA

宇宙飛行士が不時着した時のためのサバイバル訓練の画像 - DNA

宇宙飛行士と肩を並べて作業できる限りなく人型なロボット「Robotnaut 2」 - DNA

[閲覧注意]犬の頭脳に機械の体……ソ連が開発していた謎の「バイオロイド」の資料 - DNA

数々の宇宙ミッションを遂行し現存するスペースシャトル3機のコクピット写真49枚 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧