アートとデザイン

ブディズムパンクスな雰囲気あふれるタイ風アレンジの「007」のテーマ


微笑みの国、の名をもつタイのバンドによる「007」のテーマなのですが、相当に東南アジア・アレンジが入った奇怪なものになっております。


溢れる無国籍感がすばらしい演奏がこちら。
Thai Beat A Go-Go -[12]- The Son Of P.M. – James Bond Theme – YouTube

1960年代のタイのエレキ・ロック・ムーヴメント「シャドウ(シャドウ・ミュージック)」中に活躍した「The Son Of P.M.(パヨン・ムクダの息子)」によるこの1曲、西洋の音楽をタイの民族楽器を使ってアレンジしたり、あるいは逆にタイの音楽を西洋楽器で演奏したりとかなり濃い音楽が演奏されていたようですね。

トップ画像:File:Krewe of Babylon Inaugural 1940 14.jpg – Wikimedia Commons

関連記事

インド版チャック・ノリス、悪漢をなぎ倒していくマッチョポリス映画の1シーンがすごい - DNA

「マトリックス」の一大銃撃戦シーンの音響を全てアカペラで歌い上げた驚異の動画 - DNA

インド生まれの超絶特濃アクションSF映画「ロボット」5月12日から日本公開、公式サイトがリニューアル - DNA

これは超熱狂、インド式に全身全霊で映画を楽しむ方法が理解できる動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧