世界のびっくりニュース

機動隊になりきって民衆を蹴散らせる「暴動鎮圧体験コース」がイギリスで話題に


体制側に不満を持つ群衆と、盾を並べて対峙する機動隊。政治的な主張はちょっと横に置いておいて、とりあえず一度活動家を引きずり倒して拘束してみたり、シュプレヒコールを上げつつ投石してみたりしたい人にはぴったりの「暴動鎮圧体験コース」がイギリスで話題になっています。


この「暴動鎮圧体験コース」を提供しているのは「ゾンビに襲われるショッピングモール体験」といったキワモノから「F1試乗体験」のような正統派まで、様々なアクティビティを提供しているwish.co.uk

毎週1回、週末に開催されており16歳以上なら参加料1人79ポンド(約1万円)で誰でも参加が可能です。

コースではまず午前中に警察や軍の暴動鎮圧部隊のOBが最新の鎮圧テクニックをみっちり指導。過去の有名な暴動の検証を通じて、戦術やフォーメーションを考察するとともにヘルメットや盾といった装備の使い方もバッチリ教えてもらえます。

フルコンタクト暴動なのでもちろん完全防備で参加です。

ラバー弾などの非殺傷兵器も使います。

昼食をはさんで午後は体制側と活動家側に分かれて暴動体験。

体制側は隊列を組んで無力な大衆を蹴散らし、活動家側は投石したり警察官を引きずり倒したりとアクション満載の時間を過ごすことができます。もちろん交代制で、両方の立場から暴動を学ぶことができるという趣向になっています。

イギリスでは2011年夏にロンドンで大規模な暴動が発生し、都市機能が壊滅的にマヒするという事件があったばかり。当然といえば当然ですが「いい加減にしろ。冗談じゃない」と地元の議員を中心に批判の声が高まっているそうです。

運営側は「あくまでメインは暴動鎮圧側のテクニックを学ぶこと」としており、暴動を扇動する意図はまったくないとコメントしています。日本でも政情不安の折、そろそろたしなむ程度に暴動を鎮圧するテクニックを知っておいてもいいのかもしれませんね。なお暴動を扇動するのはれっきとした犯罪ですのでご注意ください。

動画はこちらから。
Wish.co.uk Riot Training Experience – YouTube

ソース:Riot Training – The Riot Training Experience Day. Book Online! | Wish.co.uk

関連記事

これは大人版キッザニア、「ビンラディン殺害作戦」を体験できるアトラクションが登場 - DNA

ペイントボール砲で装甲車同士の車両戦闘ごっこが楽しめる「Armourgeddon」 - DNA

ドラマ過剰?ワルシャワの暴動の様子をラジコンヘリで空撮した動画 - DNA

1955年から2011年までの「世界報道写真コンテスト」大賞作品 - DNA

心をワシ掴み、過去100年の間に撮影された非常にパワフルな写真40枚 - DNA

イギリスの少年ギャングたちの一端を垣間見れる写真12枚 - DNA

凶悪犯罪発生率が非常に高い南アフリカの刑務所はやっぱり劣悪な環境だった - DNA

海外の写真家から見た日本最大のドヤ街「大阪・釜ヶ崎」のモノクロ写真 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧