アートとデザイン

仕事をサボってしまうWindowsユーザーにはものすごくお馴染みのアレを完全に再現したトランプ「Solitaire.exe」


日々職場の労働生産性を低下させ続けるある意味最凶のウィルスといえば「ソリティア」。1ゲームだけ……と思ってポチポチやっていたら1日が終わってしまったという人もいるかと思いますが、あのゲームに登場するトランプを忠実に再現したのがこちらの「Solitaire.exe」。麻薬的な楽しみがよみがえってくるかのようです。


「Solitaire.exe」はWindows98に標準搭載されている「ソリティア」のドット絵を忠実に再現したもの。500セット限定で発売され、現在は絶版となっています。

「ソリティア」はフランス語で「一人遊び」の意味。実際は「クロンダイク」というのが正しいゲームの名前です。マイクロソフト製品としては1989年、当時インターンであったウェス・チェリーによって開発され、Windows3.0から標準搭載されるようになりました。ちなみに「Windowsプログラミングの勉強」として制作されたため業務扱いにはなっておらず、Windowsが何億本と売れていても、ビタ一文ロイヤリティは発生していないそうです。

要するにこれを再現してしまいました。

初期のマッキントッシュやNeXTコンピューターなどのグラフィカルインターフェイスを手がけたスーザン・ケアによるデザイン。彼女がソフトウェア業界に与えた影響は計り知れません。

こちらは開発者チェリーの当時の恋人、レスリー・クーイのデザインによるもの。

あの甘美なる勝利の瞬間だけを味わいたい人は以下のリンクをどうぞ。
When We Were Kings, by Evan Roth, 2011

ソース:Evan Roth: BAD ASS MOTHER FUCKER (BADASS MOTHERFUCKER #BADA55)

関連記事

「ソリティア」をクリアした時の爆発的な喜びを立体に再現したアート「Solitaire Win」 - DNA

すさまじい勢いでトランプを箱に手作業で詰めていく中国の職人さんの動画 - DNA

古今東西のCPUのスペックを使ってバトルできるカードゲーム「CPU WARS」 - DNA

超大富豪しかできないカードゲームの遊び方 - DNA

アグレッシブな残念感漂う「おひとりさま」たちの写真いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧