世界のびっくりニュース

古今東西のゲームを具現化、マーチングバンドの素晴らしいフォーメーション動画


スポーツの試合のの休憩時間に行われるハーフタイムショーは、ゲームのもう一つの華。特にアメフトの試合でのものはプロ・アマ問わずものすごく力が入っており、ダイナミックな演技が楽しめます。こちらはある大学チームの試合で行われたマーチングバンドの演奏ですが、様々なビデオゲームをモチーフにしたすごいものに仕上がっています。

以前にマーチングバンドがフォーメーションを組んで巨人のアニメーションを作るすごい動画を紹介しましたが、今回はゲームバージョンです。

2012年10月6日に行われたオハイオ州立大学とネブラスカ大学戦のハームタイムで行われたオハイオ州立大学のマーチングバンドのハーフタイムショーの映像です。ちなみに、このマーチングバンドのパフォーマンスにおかげかどうかはわかりませんが、試合には63対38でオハイオ州立大学が勝利しています。

インベーダーゲーム

ポケモン

テトリス

HALO

スーパーマリオ。クリアした時の場面です。花火まで再現されています。

パックマン

最後は「GAME OVER」で終了。

動画はこちらから。
The Ohio State University Marching Band – TBDBITL Halftime 10-6-12 Video games Nebraska – YouTube

2007年のカリフォルニア大学VSスタンフォード大学戦のハーフタイムでカリフォルニア大学のマーチングバンドが行ったハーフタイムショーです。こちらもテトリスやマリオなどのゲームが登場しています。
Cal Band- Big Game Video Game Show 2007 – YouTube

関連記事

マーチングバンドがフォーメーションを組んで巨人のアニメーションを作るすごい動画 - DNA

PCゲームの歴史を約2分半でまとめた動画「The evolution of PC games」 - DNA

ゲーム内の分身「アバター」と「実際の自分」を比較した写真17枚 - DNA

日本の2大アート「ゲーム」と「浮世絵」をマッシュアップした力作「Ukiyo-e Heroes」 - DNA

史上最も売れたゲーム機、プレイステーション2の10周年を記念して「PS2ゲームTOP100」を発表 - DNA

ゲームのやり過ぎで起こりうる症状を特殊メイクで再現したアート「Game Arthritis」 - DNA

「こんな環境でゲームが出来ればもう何もいらない」と思える超豪華なシステム - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧