科学と技術

球状タイヤで自立・その場でスピンも可能な電動バイクを学生が開発中


バイクは手頃な乗り物なのですが、またがっている間は常にバランスに気をつけなければ倒れてしまいます。現在サンノゼ大学の学生が開発中のこちらのバイクは、球状のタイヤが常にバランスを補正するので自立が可能、また前後左右自由自在に走ることができるというすさまじく未来な乗り物となっております。


見た目はほぼバイク。

スチールのトラスフレームにたっぷりとバッテリーを搭載。

2つのボールには動力伝達用のコマを介して「乗っかって」いるだけなので自由な動きが可能となります。

ひっくり返した状態の動力部。下の3つのコマがコンピューターによって動作します。

ボール自体はカーボンファイバー製

コマがボールを回しているところ。車体が止まっていてもコンピューターがボールを微妙に動かし続けることでバランスを取ります。前後で逆に動かせばその場でスピンも可能です。
Omni-drive System Testing for a Self Balancing Motorcycle – YouTube

複数の軸をもつこうした車輪は「Omniwheel」「Omnidrive」と呼ばれ様々なものが研究・実用化されています。こちらのフォークリフトもそのうちの一つ。4つの車輪すべてが独立して動くので非常に小回りがきいています。
Airtrax Cobra Omni-Directional AWP’s – YouTube

相当過激な動きができそうなのですが、開発にあたる学生たちは「むしろ誰にでもより気軽に乗れる二輪車」を目指しているとのこと。完成が実に楽しみです。

ソース:SphericalDriveSystem

関連記事

滑るように低空を飛ぶ「ホバーバイク」にドンピシャな乗り物が開発中 - DNA

世界で最大、2千ccの単気筒エンジンを持つバイク「NSU BISON 2000」 - DNA

電動バイクレースTTxGP向けの新型バイク「Mission R」がMission Oneから登場 - DNA

電動バイク、混合レースでガソリン車に勝利し表彰台入り - DNA

その名は「ハーレー殺し」、70年代最速のドラッグレーサーバイク「Hogslayer」 - DNA

バイクのサイドカーをウラル社の職人さんたちが手作りで製作している動画 - DNA

クラシックでしかもオフロードバイク、2輪駆動で悪路を走破する「ROKON TRAIL-BREAKER」 - DNA

世界のオークションで最も高く売れた歴史的なバイクトップ20 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧