アートとデザイン

砂漠に置いた鏡が想像以上に美しい絵画に変身する「The Edge Effect」


生物学、人類学に精通した写真家のDaniel Kukla氏が砂漠に滞在中に、鏡をイーゼルに置いて撮影した写真の紹介です。同じ場所ではあるのですが、周りの環境と鏡に写る環境がまったく違っており想像以上に美しい絵画となっています。

2012年の3月、南カリフォルニアのジョシュアツリー国立公園に、アメリカ合衆国国立公園局によって芸術家として住居すること許されたDaniel Kukla氏。滞在中、ソノラ砂漠やモハーベ砂漠をハイキングしたりドライブをしている時、生態学でエッジ効果と呼ばれる生態系の境目があることを見つけました。

そして、この独特な境目を記録するため、キャンバスのかわりに巨大な鏡をイーゼル(画架)に置き全く違った自然環境を撮影したのがこれらの作品。一時的な現象、色と質感のコントラスト、自然の相互作用が1枚の写真で表現されています。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

ソース:The Edge Effect – Daniel Kukla

Easel Mounted Mirrors Smack of Paintings in the Desert

関連記事

何がおかしいの?サッチャー錯視を利用した女性の顔写真いろいろ - DNA

アフリカ・ナミビアのナミブ砂漠にあるこの世のものとは思えない死の沼地「デッドフレイ(Deadvlei)」 - DNA

街ごと砂漠にのみこまれつつあるアフリカ・ナミブ砂漠のゴーストタウン「コールマンスコップ(Kolmanskop)」 - DNA

砂漠の谷の中に忽然と現れる古代遺跡「ペトラ」を幻想的にキャンドルでライトアップ - DNA

砂漠のど真ん中にポツンと現れるブティック「Prada Marfa」 - DNA

アントニ・ガウディも影響を受けたと言われる砂漠の民トゥアレグ族の都市「トンブクトゥ」の街並み - DNA

鏡の向こうに何かを見つけてしまった猫の動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧