世界のびっくりニュース

[閲覧注意]知らない方がよかった……、米政府がオッケーしている食料品への混入物9種類


食料品の生産過程を考えると、完全な無菌状態などまずありえないことは頭の中ではわかっているのですがこういうものを見るとやっぱりちょっとショックかも。「健康上問題ない」としてアメリカの「食品医薬品局(FDA)」が食料品別に定めている混入物規格の紹介です。あまりにも具体的過ぎて知らないほうがよかった思ってしうまう内容になっています。

1. レーズン
レーズン10オンス(283.4グラム)にハエの卵34個までは問題なし。

2. マカロニ
マカロニ225グラムにネズミの毛4.4本までは問題なし。

3. リンゴ
リンゴの11%までカビていても問題なし。

4. ピーナッツ・バター
ピーナッ・ツバター100グラムに25ミリグラムまで砂が入っていても問題なし。

5. マッシュルーム
缶詰のマッシュルーム100グラムにウジ虫19匹まで問題なし。

6. トマトソース
トマトソース100グラムに14個のハエの卵まで問題なし。

7. ハーブ
粉末のタイム10グラムに昆虫の一部(顔や足など)325個まで問題なし。

8. チョコレート
チョコレート100グラムに昆虫の一部59個まで問題なし。

9. 小麦粉
小麦粉50グラムにネズミの毛1本まで問題なし。

これら虫の一部や虫の卵などの混入物は最大限のレベルであり、実際の食料品にはほとんど混入していないとは思うのですが、何も知らな買ったほうが幸せに食事できる気がします。

ソース:9 Disgusting Things The Government Allows In Your Food

関連記事

世界各国の法律で禁止されているフルーツやその他の食べ物いろいろ - DNA

ぜひとも現地で満喫したい世界中のローカル・ドリンク50選 - DNA

古今東西!世界中の屋台で売られているローカルフード特集 - DNA

世界25の国や地域の1週間で食べる食料とその家族を比較した写真 - DNA

日本ではなかなか見かけない食べ物が詰まった海外の缶詰30選 - DNA

[閲覧注意]腐敗した食物を使ったアート作品「One Third」 - DNA

[字幕動画]食肉業界の闇、クズ肉をつなぎ合わせて作る「最高級ヒレステーキ」 - DNA

イギリス、アメリカ、中国語で「小麦粉を焼いた食品」はこう呼ぶ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧