科学と技術

映画の特撮をやる会社でバースデーパーティーをやってはいけない


映像をハデハデにするべく様々な工夫をこらして行われる特殊撮影、いわゆる「特撮」。職人技が要求されるのでこれを専門にやる会社もあるのですが、そういうところで行われるバースデーパーティーはとても大変なことになってしまいます。


これは、Quantum Special Effects社のとあるメンバーのお誕生パーティ。一見職場でバースデーケーキのろうそくを吹き消そうとしているだけなのですが、スタッフが仕掛けたドッキリが待っています。
David’s Exploding Cake – YouTube

最初にビデオカメラのマイクを手で覆って撮影している辺りが実にプロっぽい。特撮会社ならではのドッキリといえそうですが……普通の職場でやられたら「自分は嫌われているのでは……」と心配になりそうです。

関連記事

映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー」三部作の特撮の様子がよくわかる貴重な写真23枚 - DNA

特殊効果盛りだくさんな映画のワンシーンとその撮影風景を比較した写真20枚 - DNA

「トランスフォーマー3」驚愕の特撮技術、ビルとビルの間を生身で飛ぶシーンはどうやって合成した? - DNA

90年代以前に大ヒットした懐かしの映画の舞台裏写真30枚 - DNA

初代「エイリアン」が演技の練習をしているテスト撮影の動画 - DNA

CG不使用、完全に人力でやり切ったロシアの特撮バイク動画がすごい - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧