科学と技術

量産型・刀削麺ロボット軍団のものすごく威圧的な動画


機械が人間の労働を奪う……というのはある意味本当である意味ウソ。人間でしかできない細やかな労働もあれば、体力に限界のないロボットにしかできないこともあります。中国では包丁で生地を削る刀削麺の生産の自動化が進行しているようです。


Robot chefs taking over China’s noodle bars – YouTube

非常に正確な動きで刀削麺を削りだしていくロボット達。どう見ても車のワイパーのアレですが、工場主の人によればやっぱりワイパーのアレとのこと。見た目がヒーローっぽいのはおそらく料理屋で実演することを考えてのことと思われます。

「刀削麺職人のような疲れる仕事よりも、今中国にはもっといい仕事がたくさんある。工場ではロボットが人間の仕事を代わりにやるようになったが、レストランでも同じようなことが起こるはずだ」とは生産者の弁。一台約2000ドルと高価なように思えますがすでに3000台ほど売れているとのこと。「人間より上手くて人件費も安い。人間だと給料が年間4700ドルくらいするからね」と評価も上々です。

関連記事

これは壮観、中国の武術学校による1万人の演武パフォーマンスの画像と動画 - DNA

中国にあるラブドール工場の猟奇的過ぎる画像いろいろ - DNA

12個の鍋を同時に操り料理を仕上げる中国の屋台のオジサン - DNA

赤・黄・緑のハデハデさがステキな中国・北京の屋台写真10枚 - DNA

中国・北京にある文化大革命をテーマにしたレストラン「紅色経典主題餐庁」 - DNA

中国で「共産ゲリラのアジト風テーマレストラン」が登場 - DNA

中国でDIYされた「電柱運搬システム」がすごい - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧