世界のびっくりニュース

驚異の進化を遂げた「段違い平行棒」1950年〜2010年代のまとめ動画


高さ170cmと250cmの鉄棒を161cm離して置き、それを使って演技を行う女子の競技「段違い平行棒」は、男子の鉄棒競技にあたりますが鉄棒間を飛んで移動するなどかなりダイナミックな競技となっています。先日、短距離走の進化の歴史についてご紹介しましたが、こちらも負けず劣らず驚異の進化を遂げています。


The Uneven Bars Developments (50s-2010s) – YouTube

もともと女子の段違い平行棒は、男子の「平行棒」から派生したもの。ドイツでは87歳の体操選手ヨハンナおばあちゃんが平行棒をやっていますがこれは例外。初期の競技では棒と棒の間隔が今よりもずっと狭く、平行棒のような静止技が主だったようです。

しかし時代が進み、女子の体格の向上や技術の確立などによって、平行棒ながら鉄棒のような技が生まれ、現在の形になりました。動画の後半では技がどんどん大きく、高速になっていますがこれを見るとまさかルーツが「平行棒」とはちょっと思えないですよね。

関連記事

これが年の功、87歳の体操選手ヨハンナおばあちゃんのすごい動画 - DNA

新体操からアメフトまで、究極に最適化されたアスリートたちの体型をスポーツ種別に比較した写真 - DNA

美しきハードラー、ミシェル・ジェネケのウォーミングアップがセクシー過ぎる - DNA

究極の肉体美を持つ2012年ロンドン・オリンピック代表選手たちのストレッチ写真35枚 - DNA

中国の大量メダル獲得の裏にある幼いアスリートたちの過酷な練習風景 - DNA

偶然?必然?テニスの試合中に思いもかけないスーパープレイが発生 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧