アートとデザイン

いつでも裸足でやわらかな芝生の上を歩く感触を楽しめるサンダル「Kusa」


都会の真ん中ではなかなか芝生を見つけることができません。しかし夏の日差しの中、柔らかい緑の芝生の上を裸足で歩く感覚はまた格別のものがあります。そんな自然派な人にオススメしたいのがこちらのサンダル「Kusa」。芝生がないなら芝生を連れて歩けばいいじゃない、という逆転の発想を実現しています。


これが「Kusa」。まるで天然芝のようですが精巧に作られた人工芝が貼り込まれています。最初はちょっときついのではきこんで自分の足に合わせていくんだそうです。

これを履けばいつでもこんな感触を味わうことができます。

たとえ都会や砂浜など、芝生が見つからないところでも大丈夫。

底はこんな感じ。

「芝生に足跡が付くように、砂浜に『kusa』のサインを残せる」とのことでした。

人間の精神というのが五感と強くつながっている以上、こうして体に触れる部分にこだわるのって結構大事なことじゃないかなと思いました。もちろんここまでナチュラルにする必要はありませんが、ちょっと癒しを感じたい人にはぴったりです。

価格は一つ29.95ドル(約2400円 税・送料別)。購入は以下のサイトから。植物ではなく人工物なので検疫に引っかかることはないと思います。

ソース:Kusa

関連記事

色々な思い出を思いっきり格納しておくことができる「USBメモリ入りロケット」 - DNA

靴ってなんだろう?と思わず考えてしまう独創的なデザインをしたハイヒールの写真30枚 - DNA

モペッド復活の日は近い、エコ時代のエンジン付き自転車「Derringer Cycle」 - DNA

50~60年代のフレンチ・ファッションに身を包む、コンゴ共和国の半端無くダンディーな紳士「サペー」たち - DNA

ものすごい数の人間がこの動画の中に隠れ潜んでいます - DNA

森の中を飛ぶように滑り降りるレールコースターから見た動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧