世界のびっくりニュース

[字幕動画]国土安全保障省の教育ビデオ「もしあなたの職場で乱射事件が起こったら」


2012年7月20日、アメリカ・コロラド州のオーロラの映画館で71人の死傷者を出すという大規模な乱射事件がありました。それに3日遅れてリリースされていたのが同じくテキサス州ヒューストン市が制作していたこちらの動画。もう少し公開が早ければ、あるいは負傷者はもう少し少なかったのでしょうか。

下の「Select Language」タブから「Japanese」を選択して再生すると字幕が表示されます。動画が表示されていない場合は、何度か「F5」キーを押してページの表示を更新してみてください。

以下、ポイントの解説。日本ではこの手の大規模乱射事件と言うのはまだありませんが、テロの際にも役立つ内容です。できれば役に立てずに済むように祈りたいものですね。

逃げる

・脱出路があれば脱出する
・他の人に構わず脱出する
・持ち物は置いていく
・可能なら他人の脱出を助けてあげましょう
・他の人が危険地帯に入り込まないように注意しましょう
・安全を確保してから通報しましょう

隠れる

・ドアをロックするかふさぎましょう
・携帯電話を切りましょう
・大きなものの後ろに隠れましょう
・静かにしましょう

隠れる場所について:
・襲撃者の視界から外れたところ
・撃たれた場合、弾を防げるところ
・移動の際に妨げにならないところ

戦う

・襲撃者を無力化することを考える
・物理的に攻撃性をもって行動する
・あたりにあるものを何でも武器にする
・全力で行動する

通報

・落ち着いて言われた通りに行動する
・自分の両手はいつも見えるところに(注:武器を持っていると思われるため)
・指をさしたり大声を出したりしない
・負傷者救出の部隊は後からやってくる

関連記事

幼稚園の外で銃撃戦、子どもを落ち着かせるために歌を歌い続けた保母さん - DNA

終末の恐怖、パリで行なわれた核・生物・化学兵器からの避難演習の画像 - DNA

まさに「ランボー」アフガンのグルカ兵がたった1人でタリバン兵との大銃撃戦を制す - DNA

[閲覧注意]犯人がショットガンで自分の頭を撃ち抜く瞬間を警察ヘリの赤外線カメラが捉えていた - DNA

消えゆく紛争の傷、サラエボの1990年代と現在を比較した写真15枚 - DNA

アフガニスタンのアメリカ兵を描くドキュメンタリーフィルム「Hooligans At War」予告編 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧